カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

Jさま 昨日は長電..
by Taeko Yanagida at 08:48
Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

12月12日 親子仲良く…

仲良くお寝んねしている2匹のわんこ。左は我が家のLOVE。右はLOVEの3女シャンティです。
a0047577_2234599.jpg
生後3ヶ月でつくばに住む二男ファミリーのところへ養女に行ったシャンティはパパ似で色は少しクリーム、でも性格はLOVEによく似てあまり無駄吠えのないいい子です。先週から京都の実家に帰っているお嫁ちゃんと孫のSくんと一緒に昨日から神戸に来ています。シャンティーは何度もここへ来ているのでLOVEと親子という事は忘れているらしいのですがとっても仲良し。遊びつかれていつもの毛布の上で眠るLOVEの側で、シャンティもうつらうつら…。2匹の様子をじっと見ていると本当に可愛くて癒されます。
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-12 22:54 | わんこ | Comments(0)

招かれて

夫の友人宅へお招きいただきました。家中クリスマス一色!
a0047577_23302545.jpg
○○年来の夫のお友達のお家に招かれてそれはそれは楽しいひと時を過ごして参りました。
奥さまはグルメの上にお料理上手。今夜はたっぷりとU邸で奥様の玄人はだしのディナーを戴きました。
a0047577_7315655.jpga0047577_7324112.jpg←もろきゅう
焼ねぎ
出巻き卵

→ベトナム風生春巻き

a0047577_7365977.jpga0047577_7372659.jpg←牛たたき


→ふろふき大根

a0047577_7401984.jpga0047577_7405994.jpg←カブラ蒸し 

→サーモンと茸の蒸し焼き

a0047577_7441100.jpga0047577_748353.jpg←揚出豆腐

→味噌蓮根

a0047577_7444391.jpg←おじゃこご飯
手間隙掛けて作ってくださったお料理、その上奥さまのお心がこもっているので体もハートも暖か~くなり…幸せいっぱい、お腹もいっぱいでした。
a0047577_7573299.jpg
U邸のわんこ

左/パパのマロ
真中/息子の?(ごめん、名前忘れちゃった)
右/ママのユメ
U邸は息子さん185cm×3人+わんこ3匹の大家族。
お父さんもお母さんも優しくて、息子達はお母さん思い。
お幸せなファミリーに接すると私達まで幸せのおすそ分けを戴けます。
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-11 21:29 | グルメ(Canada&NY) | Comments(0)

12月10日 ピアノのお引越し

1965年生まれの私のピアノが、山口のお友達の元に向けて旅立ちました。
a0047577_15324811.jpg
その昔、私や家族のために大活躍した日々もありました。最近はあまり主張をすることもなく…空気のように?じっとそこにありました。いま、ぽっかりと空いた空間を眺めながら「新たな出発」に向けて「一区切り」をつけようとしている夫と自分の強い意志と決意を再認識。これから急ピッチで身辺整理に勤しみながら、カナダでの新生活をだんだん近い現実として受け止めて行く日々になります。
a0047577_15444065.jpg
大きな布団で巻かれます。
a0047577_15593920.jpg
3本足をはずして縦にして…。
a0047577_1545342.jpg
今頃製造しているグランドピアノはハンマーが軽量化されてきているので2人で持ってそれほど苦労はないのですが、これはヤマハGⅡの中でも初期の製造でハンマーが分厚、フルコンサートピアノ並みに共鳴音は素晴らしいのですが、重すぎて3人がかり…業者泣かせな代物です、ハィ…。
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-10 15:49 | Comments(2)

12月9日 散歩道

毎日LOVEと一緒に歩くお池一周遊歩道約1Km
a0047577_12304321.jpg

a0047577_12343030.jpg家を出るとすぐ遊歩道へ続く石段があります。LOVEは元気にここをぴょんぴょん跳ねながら下りて行きます。ひところ真っ赤な紅葉と枯れたドングリの落葉が見事なコントラストで道を覆い、思わず「きれ~やね~LOVEちゃん!」って話しかけたりしました。ここからの夕景がまた美しい。小型デジタルカメラの能力ではその光景がうまく撮れず…最近限界を感じます。一眼レフカメラはやっぱりすごい…とつくづく思う今日この頃です。あらいやだ、夫が側で「それは使う人の腕前にもよるね~」だって。
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-09 09:29 | Comments(2)

12月8日 2005・ルミナリエ

「ルミナリエ」今年は12月9日(明日だね!)から始まります。
点灯を待つばかりの2005年のアーチです。
a0047577_8352612.jpg
昨日は夕方からヘアカットに行ってきました。6年越しでお世話になっている ヘアサロンは元町大丸に程近い旧居留地の一角にあり、いつも大丸デパートの駐車場を利用する私はこの時期ルミナリエのアーチの下を通ってサロンへ。暗くなると点灯していなくてもそれなりに雰囲気がありますよね。
<ブラッシュ・アップ>のオーナーでトップスタイリストのMr.石橋は「カリスマ美容師」…という触れ込みで友人が紹介してくれた方ですが、私のストレートでボリュームのない髪を、ハサミだけでとってもカッコよく仕上てくださる、まさしく「カリスマ美容師」です。どうしましょう、カナダへ行ったら美容師さん探さなきゃ!最近グレーヘアー(というとカッコいいけれど実はただの白髪)も増えてきて…今は「へナ」という天然染料で染めていますがこれも出来なくなると、ダメージを受けやすい髪質なので深刻な悩みです…。
a0047577_91778.jpg
カットが終わって、デパ地下であれこれ買い物をしている途中、カナダの物産品「メープルシロップ」を見つけて足を止めました。最近よくメープルシロップを販売しているコーナーを見かけます。お料理本も出ていて先日買ったところ。 ところが1Lボトルの値段を見て「?!」なんと¥4095-現地値段の2.5~3倍かもしれませんね。こんな値段でも売れるのでしょうか…日本は食文化の水準が高い国ですが、ただシロップとして使うだけではなく、いろんなお料理に使えるので一緒に紹介すればもっと用途が広がると思うのです。そう言いながら、私はマドレーヌに入れる、チキンを焼く時ハニーの代わりに使う、かぼちゃを煮る時のこく出し…程度の使い方です(^^;)
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-08 09:21 | Comments(2)

[お茶事]

12月3日のお茶事の模様をやっとアップロードいたしました。
ぜひご覧下さい。
a0047577_16144019.jpg
         来年は戌年。この袱紗が大活躍いたします。
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-07 16:15 | 茶道 | Comments(0)

12月7日 犬はベッドで丸くなる

ベッドの上でとろ~り眠くなってきたLOVE。
a0047577_1120933.jpg
寒くなってきました。毎朝夫を起こす時LOVEを連れて行きベッドに上げると大喜び。「おと~さん、起きてよ~!」とぺろぺろ舐めまわしますが、なかなか起きないのでとうとう諦めて?ふわふわ布団に包まれてとろ~り眠くなってきました。これって、ミイラ取りがミイラ?!(笑)
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-07 11:26 | わんこ | Comments(0)

12月6日 カルトナージュ作品

オリーブ柄のティッシュ・ケース
a0047577_949834.jpg
最近市販のティッシュのかさ(高さ)が低くなっているでしょ?!今まで我が家で使っていたティッシュカバー(布やレース製)は高さのある用なのでもう使えなくなり…カルトナージュである程度高さが変わっても対応できるように作ってみました。食卓のクロスとトーンを合わせてみるとなかなかすてき!(またまた自画自賛)
いま、フォトスタンドもクリスマスバージョンでたくさん作りかけています。台になるのがカルトン(フランス語で厚紙のこと)ですから紙を張ると「反り」が出るのでこれを数時間~数日間、重石をしてうまく平らにするところがちょっと面倒ですが、作って行く工程は本当に楽しいものです。
作ってみたい物を見つけたら①直接カルトンに製図(展開図)して行く。精密さが要求されるところ②カルトンをカットする③カルトンに貼る紙(布)の色合わせとカット。ここも1ミリの誤差が命取り(大げさ過ぎ~)④ボンドや水張りテープでカルトンを立体的に組み立てて行く⑤柄紙や布を張る。ここできれいに仕上るのといい加減にするのとでは商品価値がまったく違ってくるので製図と一緒で正確に!⑥歪みやそりが出ないようにボンドのりが完全に乾くまでしばらく重石をしておく。今回はエンゼル柄と2つ作りました。寒い日は暖かいお部屋で好きな音楽聴きながらカルトナージュ。な~んか幸せな気分になれます。
a0047577_10155033.jpg

[PR]
# by canadianlife | 2005-12-06 10:17 | カルトナージュ | Comments(0)

12月5日 カナダのお話

2005年1月3日に撮影したBanff Springs Hotelのクリスマスツリー。
ホテルの中も全て1月第1週までクリスマスデコレーションで必見です!
a0047577_2315745.jpg
あのてっぺんのお部屋から眺める景色は素敵だろうな・・・。
a0047577_10412175.jpg
ホテル・アーケード内のXmasディスプレイ。Banff Springs Hotelは数年前からフェアモントホテル系列になったのでマスコットのベアちゃんがこんな風にツリーに可愛く飾ってあります。
10年ほど前はカナダドルが安かったし、このホテルはバンフでは一番高級でしたがお正月でもツインルームが1泊250ドル(¥2万円弱)でした。今は12月23日辺りから~新年3日まで$420!現在カナダドルは1ドル¥100ですから、これはもう超高級ですね!
そんな理由もあり、ここ数年はBed&Breakfastを利用しています。ゆったりしたお部屋で豪華な朝食が付き(お昼もお腹が空かないくらいです!)二人で$100(Taxいりません)浮いたホテル代だけで航空券が買えてしまいますよね。B&Bのいいところはオーナーさんはゲストのためにいろんなサービスを快くしてくださるという事。B&Bは日本の「民宿」と似てはいますが、オーナー家族とゲストのプライベートがしっかり守られるところはさすが欧米です。ゲストがくつろぐための部屋(コモンルーム)も完備なので朝食付きで別荘を借りている…って感じですね。コモンルームではTVを見たりコーヒー紅茶などを自分達で入れたり冷蔵庫があるので夜外食したくなければテイクアウトできるお店で買って、ここで食べてもいいのです。キャンモアのB&Bは規則が厳しくどんなに部屋数があっても同じ日に二組以上ゲストを泊めてはいけないそうです。ですから夜も大勢のゲストで不快な思いをする事もありません。朝食はゲスト専用のダイニングで出来たての温かい物をゆっくりといただきます。ご参考までに、いつも私達がお世話になっているB&BのHPをご紹介します。ここは大きなお屋敷で2階がゲストのお部屋、1階はゲストのダイニングやキッチン、オーナー家族のダイニングとリビングもあります。オーナーさんのプライベートスペースはベースメント(半地下部分)でと~っても広々です。私達が購入したコンドミニアムと比べると何倍もあり、ほんとに羨ましい…でも、夫と私は「身分相応」という言葉は忘れていません(笑)Spring Creek Bed & Breakfast
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-05 23:02 | Comments(2)

12月4日 「ふくろう庵」訪問

a0047577_222226.jpg
京都・大原野にある「ふくろう庵」の庵主、まち子さまをお訪ねしました。まち子様とのご縁は「変形性股関節症」という病気を持ちまだ難手術といわれている「臼蓋回転骨切り術(RAO)」を同じドクターに執刀してもらった手術仲間(?)なのです。まち子様が数年目先に手術なさりその時の入院・手術体験記をご自分のホームページでご紹介されていたのですが、偶然にも私が病名を知ろうと検索しているうちにそのHPにたどり着いたのです。「臼蓋形成不全」ってなに?「変形性股関節症」ってどんな病気?と同じ病気を持ち手術を体験した人たちのサイトをたくさん探して読ませていただきました。関節の病気はそのままにしていたらだんだん悪くなる、どんな治療をしても軟骨を再生させるのは今の医学では難しい、早期なら人工骨置換をせず自骨で手術する事が可能…など判ってきました。そんな時メールさせていただいたら、まち子さまからご親切なお返事が届きとても勇気付けられました。手術を決めたとお話したら励まして下さり、とっても心強かったので、やっとぎこちない動きがなくなりほぼ完璧な歩きが出来るようになった姿を一目見ていただきたくて…小雨降る中を夫の運転で一路京都へ。大山崎インターを出て25分くらい。竹林の美しい里・大原野の山裾にある「ふくろう庵」をお訪ねしました。週末ハウスとして使われているようで家の中は「ふくろう」さんでいっぱい!何百、いえ千羽くらいいますか?世界中のふくろうさんがいらっしゃいました!
ダンスの先生、着付けの先生、というかコンサルタントの資格もお持ちのまち子さまはすらっと細身の美しい方で、姪御さんと一緒に迎えてくださり、名残の紅葉を臨むお部屋で楽しいひと時を過ごさせていただきました。HPには股関節症で悩む方々からメールが寄せられるそうで、私もその一人だったわけですが…丁寧にお返事されているそうです。私の経験談で何かお役に立つ事があればいつでもe-mailしてくださいとお伝えして少し雨が激しくなってきた「庵」を後にいたしました。
今日はM君のお誕生日。おめでとう!9月には盲腸で大変だったけれど元気になってよかったね。よき夫、よきパパで頑張ってください。
[PR]
# by canadianlife | 2005-12-04 22:35 | Comments(1)

リンク集

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
クッキング
グルメ(Canada&NY)
グルメ(Japan)
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title
京都

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧