カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Jさま 昨日は長電..
by Taeko Yanagida at 08:48
Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...

<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

カルトナージュレッスン

今日は、熱心な生徒Mちゃんが、バンフからカルトナージュレッスンにいらっしゃいました。
彼女のリクエストは、「プロバンスの布を使い、ジュエリー用のボックスを作りた~い!」でした。
ご用意したのは、グルノーブルで買った正真正銘(笑)フランス製のプロバンスの生地、同じように見えますが、柄、色、違いで3種類使っています。
2,5mmのカルトンも、同じくグルノーブルのレクラドベールで買ってトランクに入れて持ち帰った、貴重品(笑)
カナダ製は硬くてなかなか切れませんが、こちらはカッターがスーッと入って半分の力でカットできます。
今日は、せっかく貴重な生地を使うのだからと、糊までもレクラ製。
用意した私もかなり気合入ってますねっ!(笑)
そして、約5時間かけて完成したものは…
a0047577_13592037.jpg
ちょっとぉ~すてきじゃな~い!?中は2段式になっていて、まずふたを開けると…
a0047577_1404868.jpg
上段は取り出し可能なトレーになっていて、ここへは時計や毎日身につけるジュエリーなど置くと便利かな…。そして、下段は…
a0047577_143481.jpg
仕切りで、8つのボックスがあり、小さなピアスなど分けて収納。
Mちゃんは、これがまだ3作目。
今回のブックスタイルの箱は、仕切りが多くてかなり難しい課題でしたが、とても丁寧に作る方なので、仕上がりは完璧です!
少し先生の私がお手伝いをした部分もありますが、色んなスキルを今日もたくさん習って…これからだんだん自分のオリジナル作品も作れるようになると、ますますカルトナージュの楽しさに魅了されると思います。
モチモチの餅粉ケーキ、御馳走さまでした~♪
[PR]
by canadianlife | 2008-10-31 22:55 | カルトナージュ | Comments(4)

新米、ナス料理とかき揚げ、そして松茸のお吸い物

タイトルは、昨日食した秋の味覚。
a0047577_1637426.jpg
今年も、富山のHAMADA FARMから、無農薬で育ったこしひかりの新米が届いた!
さっそく新米を炊き、カナダで秋の味覚を楽しむことに。
先日、COSTCOで、細めのナス(と言っても米ナス)を見つけたので、薄切りの豚肉と一緒に炒めて味噌ダレで味付けした「なべしぎ」風。
a0047577_1621982.jpg
もう一品はナスをダイスに切って湯がき、よく水気を絞り、胡麻和えに。
a0047577_16224897.jpg

かき揚げは、Lethbrodgeの家庭菜園で作られた有機野菜のゴボウ、ニンジン、他にCOSTCOで買ったスイートオニオンと海老入り。
a0047577_162436100.jpg
お吸い物は、ちゃんと利尻昆布と削りかつおでだしをとり、Canada産マツタケをたっぷり過ぎるくらいいれてマス!
a0047577_1640201.jpg
おまけは、かき揚げにも使ったLethbridge産のごぼうとニンジンで「きんぴら」。
a0047577_1628015.jpg
どれも好物のゴマをたっぷり使ってるのが特徴かな。

夫は、なぜか「ナス嫌い」。
なんでやろ~、こんなに美味しいもんが食べられへんなんてぇ。
代わりにいつもの「ほうれん草の胡麻和え」で、栄養バランスはOKなんどすけど(笑)
って、なんで急に京都弁なん??それも花町ことば…
たぶん「だんだん」の影響やね…(爆笑)
[PR]
by canadianlife | 2008-10-29 16:14 | クッキング | Comments(12)

不思議に思うこと

a0047577_16102633.jpg
私にとって、今やコンピューター(インターネット)なしの生活は考えられない。
でも、カナダに来てから携帯電話は持たない主義として、今までなんとかやってきた。
住んでいるところはかなりの山奥だし、電波のつながらないところも結構多いことが、持たない理由の一つ。

しかし、最近、不思議に思うことは…
日本のお友達の中に「ごめんね~、コンピューターは苦手で、イーメールとかうまくできないから、なかなか連絡できなくって…」なんて言う人がいる。
でも、そんな人に限って、携帯メールは見事に早打ちができる…これって、な~んか、変じゃない?
私には、あんなちっちゃな携帯電話の文字盤を両手で押しながらメールが書けて、それも絵文字入りで…さっと、送信!ってできる人の方が、パソコンでメールを送れる人より、うんとスキルがあると思うけれど…。

今春、日本に帰ってカルトナージュレッスンのために上京中の出来事。
地下鉄の乗り換えで数分間乗り継ぎの電車をホームで待っていた時、壁際にいた数人がいっせいに携帯電話をとりだして、何か入力を始めた。それが、一列に並んで、ほぼ全員だものだから、私にはその光景がとっても面白い「現象」に感じられ、写真を撮っておきたかったくらい。

先日、ちょっと手書きでお手紙を書く機会があった。
悲しいかな…、書いていたら漢字がしょっちゅうわからなくって、そのたびに電子辞書のお世話になった。
PCの変換機能に慣れ切った頭が、すっかり後退してしまっている><
これは、ホントに怖いこと…。
日本にいた頃は、毎日必ず1通だけでも手書きで「はがき」や「お手紙」を書くことを心がけていたのに…そんなよき習慣をすっかり忘れてしまっている自分にイエローカード!

じゃあ、一日一通の手書きのお便りを、復活させたらどう?!
続けられる自信はないけれど、やってみようと思う。
第一便は誰にしようかな~? 
携帯メールが上手な人じゃないことは確かかな(笑)
[PR]
by canadianlife | 2008-10-28 15:29 | カナダ・ライフ | Comments(6)

LethbridgeのJapanese Restaurant

Lethbridgeには2軒ジャパレスがあるそうですが、ドライブ帰りに評判の良い方(笑)・・・「Light House(燈)」へ行ってみました。
a0047577_15155679.jpg
旧市街にあるお店は、平日だというのに結構賑わっていました。
昼食がカントリー風のスープとホットドッグだったので、みんなご飯が食べたくて、早速いろんなロールを注文。
a0047577_1519870.jpg
ドラゴンロールとレインボーロールはどこでも定番です。
a0047577_1520338.jpg
こちらはLight House Special。続いて、Futomaki
a0047577_1521421.jpg
ちょっと、サバとホタテの「にぎり」も頼んでみました。
a0047577_1523498.jpg
揚げだし豆腐、おうどんも食べ、仕上げはホームメイドの抹茶アイスクリーム。
これは、ビターな抹茶がたっぷり入った、ホントに美味なもの!

サーバーさんのお1人が日本人の方だったのでちょっとおしゃべりをしていたら、なんと神戸ご出身でした!
久しぶりに聞いた懐かしいイントネーションに、旦那さまも大喜び^^

どこへ行っても「鮨」に目がない我が旦那さま。
Lethbridgeのお寿司もなかなか美味しかったようで、大変満足そうでしたが…私としては、彼にぜひNew Yorkのお寿司も味わってもらいたいですね。
理由は…ネタが豊富、盛り付けはおしゃれ、コストも安い(笑)
[PR]
by canadianlife | 2008-10-26 15:11 | グルメ(Canada&NY) | Comments(2)

Castle Mountain Resort

快晴に恵まれた3日目、Lethbridgeから車で約1時間半、最近開発されてきたスキーエリア「Castle Mountain Resort」へ、ドライブに誘っていただきました。
a0047577_211236.jpg

シーズンまであと約1か月、現地はいま整備の真っ最中。貸しコテージやロッジ、ホステルなどまだ真新しい建物がリフトの周辺にたくさんあり、スキー&ステイのパッケージプランなども用意されています。
a0047577_2152391.jpg
トイレを借りたこのロッジのフロントで、日本人女性に出会ってびっくり!
もう6年ここで暮らしているそうで、話を聞くと、このスキーエリアに来る日本人はナショナルチームのメンバーとか限られた人のようです。
それもそのはず、ここのコースはすべてが上級者向け。昨年やっとイージーコースが設けられたんですって。
帰路、3号線の途中にあるちっちゃな町Pincher Creekの「何でも屋さん」で、ランチ&休憩。
日用雑貨から、食料品、、薬、地元産のお土産品まで、何でも揃っているし、おまけにカフェ(軽食堂って言い方が似合うかも)まである…その昔、日本の田舎町にも、国道沿いにこんなお店があったような(笑)
Gree Peaのスープと地場産ソーセージのホットドッグ、なかなか美味しかったし、サーブしてくれたお店のおばちゃんもとっても感じのよい人でした^^
a0047577_2214797.jpg
周辺にはそれほど高い山はなく、川沿いにキャンプ場が点在し、あちこち小規模な滝もありました。
キャンプ場から河原へ降りて行くと、こんな落し物が…
a0047577_2233664.jpg
「?これって熊のウンチ?!」「まだ柔らかいんじゃない?」「ってことは…近くにいるってことぉ?!「ぎゃ~退散だぁ~!」と、慌てて車に乗り込みました^^;
a0047577_2282998.jpg
ずぅ~~っと続く大平原を眺めながら、ハイウエイ3号線をLethbridgeへ…終日快晴、車中のおしゃべりも盛り上がり、ホントに楽しいドライブでした。
[PR]
by canadianlife | 2008-10-26 10:53 | 旅(北米・Asia) | Comments(4)

Lethbridgeへ小旅行

20-23日、カルガリーから南へ、車で2時間余りの街、Lethbridge(レスブリッジ)に住む友人を訪ねました。
a0047577_1543287.jpg
この街はUSボーダーまで1時間ほどのところに位置し、2006年のSensus
(国勢調査)によると人口78713人とか。
第2次世界大戦中、この町に日系人の収容所があったことで知られています。
現在も6000人ほどの日系人が住み、日加友好の「証」として、1960年代から2000年まで約40年をかけて完成した素晴らしい日本庭園とお茶室があると聞き、機会があればぜひ訪ねてみたい!と願っていたところです。
a0047577_15434941.jpg
2日目、曇り空の中、早速案内してもらったJapanese Gardenですが、すでに冬季休館の期間に入っていて…でも、事務所に人影が見えたようだったので諦めず奥へ進んで行き…
a0047577_15471476.jpg
エントランスの手前にこのガーデンを管理している団体のオフィスがあり、10月13日に閉館してたにもかかわらず、同行してくれた友人ご夫妻のプッシュ&
オフィスにいたスタッフの御好意もあり、庭園内を自由に散策することを許されました。
a0047577_15494248.jpg
園内にあった紅葉樹。
回遊式庭園は、毎年カリフォルニアから庭師を招き剪定しているとのこと。
a0047577_2473941.jpg
ちょうど池の水を落としたところでしたが、隣接のヘンダーソン・レイクでは、たくさんの水鳥が浮かぶ景色が見られ、庭園は緩やかな起伏があるので所々でお庭全体、借景のレイクをゆったりと見渡せる素晴らしい設計。
a0047577_236930.jpg
日本とカナダの友好を願って、このような素晴らし場所を作ることが、いかに大変な事業だったか…当時この庭園とお茶室の建設にかかわった人々の深い
愛国心と、莫大な寄付なくしてはできなかっただろうと、辛苦の時代を経て成功した日系人の人々のパワーに、ただただ頭の下がる思いでした。
a0047577_2364535.jpg
京都で製造された鐘楼。ここにはこんな文字が…
a0047577_2373644.jpg

お茶室も、大変立派です。
a0047577_2485068.jpg

オフィスにお礼を言うためにお寄りしたら、NIKKA YUKOのお庭が出来上がるまでの経過を撮った写真集(携わった方々のエッセイ付)をプレゼントしてくださいました。
私がロッキーで「茶道」をお教えていることなどお話し、いつかここで「お茶会」を開くことができたら…とお話したら、茶道教授など、資格者なら許可が出るようで「ぜひどうぞ!」と言ってくださいました。
お茶会は一人では絶対できないので…そのうち地元の方々との交流ができて…お友達の輪が広がれば…私もお手伝いの一員として参加してみたいと願っています。
[PR]
by canadianlife | 2008-10-24 13:55 | 旅(北米・Asia) | Comments(4)

X'masの試作品

11月22,23日のクリスマスフェアに出展する作品をあれこれ試作中。
a0047577_14235759.jpg
フォトフレームは、L判(ポストカードサイズ)が入る大きさで、縦横両方使えるタイプ。
リボンをつけた丸箱は、内底にも綿を入れて、大切なクリスマス・オーナメンツやジュエリーなどの収納にも対応できるように仕上げています。
3種類ほどX'mas柄のブロード生地を買ってきたので、あれこれやってみようかと…。
[PR]
by canadianlife | 2008-10-19 14:21 | カルトナージュ | Comments(2)

Calgaryの「鮨広」にて

日本から3週間、キャンモアの語学学校へお勉強にいらしているTさんと、ハイキング仲間のGoroさんと4人でCalgaryへショッピングに出かけ、夕食は夫のお気に入りスポットであるダウンタウンの「鮨広」へ…。
a0047577_14143767.jpg
今夜の広さんお勧めはこれ!
a0047577_14155791.jpg
炭火で焙って、焼き松茸に。おっと、ただ焼いて食べるんじゃなく、その前に…
a0047577_14181169.jpg
香りと水分が飛んでしまわないように、濡らした和紙をかぶせて…
焼きあがりを空輸で届いた「酢だち」を絞っていただく贅沢な一品。
ここはCalgary…ってことを忘れてしまいそうな一瞬(笑)
いつものきんぴらも!
a0047577_14213880.jpg
前回も注文した「関アジ」が、幸運なことに今夜も登場!
a0047577_14312761.jpg
骨は、あとで「おせんべい」になって出てくる^^
a0047577_1427239.jpg
今夜のお刺身の盛り合わせ、鯛、ハマチ、海老、ミル貝、サーモントロ、この厚切りが、何とも嬉しい。
この後は、いつものように「にぎり」と「ロール」をお腹いっぱい摘まんで、フィニッシュ^^
Tさんも、寿司シェフのGoroさんも、大満足のご様子で、ひと安心~♪
Banff Springs Hotel内の「侍」と、Calgaryの「鮨広」は夫がお気に入りの
Canadaで味わう超贅沢な(…と、私は思っている…)日本の「味」なのです!
[PR]
by canadianlife | 2008-10-18 23:08 | グルメ(Canada&NY) | Comments(6)

カルトナージュ・レッスン

生徒さんのご希望で、フォトフレームとメモケースのレッスンをランチタイムを挿んで4時間でやることに。
a0047577_17163285.jpg
メモケースはA4の四つ折りがぴったり収まる大きさ。
なかなか美しく仕上がりました!
私自身もレッスンの前に厚紙をカットして、夕食が終ってから生地を貼り、ペールメール(クリスマスバージョン)を完成させた(^^)v
a0047577_17215164.jpg

[PR]
by canadianlife | 2008-10-13 23:12 | カルトナージュ | Comments(8)

クローズ直前のモレーン・レイク

明日、モレーン・ロードがクローズになるというので、お友達を誘って行ってみた。
a0047577_16484356.jpg
昨年は、クローズ当日見に行ったけれど、まだ湖面は凍っていなかったのに、今年はすでに湖面の半分くらいに薄氷が張っている!
残念ながら、空は雲に覆われ、リフレクションはイマイチ…でも、来年6月中旬まで8カ月近くも訪れることができないところなので…しっかり見納め。

ついでにレイク・ルイーズも見ておこう!
a0047577_16543964.jpg
13日はカナダのサンクスギビング。ホテルは3連休を楽しむ人たちでかなり賑わっていた。
デリで、ランチを済ませ帰路は1A(旧道)で、バンフへ。
キャッスルジャンクションを過ぎて間もなく、道端に車が数台止まっていたので「もしや?」と思ったら「やっぱり!グリズリーだ~!!」
車窓から、カメラを向けたものの、木立が邪魔して…(><)
1匹だけで、線路わきの小道を、ゆっさゆっさと移動中。灰色がかった毛色と、背中のこぶがグリズリーの特徴。
冬眠直前なので、かなり太っちょになっている(笑)
こんなにしっかりと至近距離で、グリズリー・ベアーを見たのは、今回が初めて…。

モレーンではお天気がよくなかったのに、帰りに見たキャッスルマウンティンは見事な程、きれいな姿を見せていた。
a0047577_1752434.jpg

[PR]
by canadianlife | 2008-10-12 23:45 | ロッキー・ライフ | Comments(0)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
クッキング
グルメ(Canada&NY)
グルメ(Japan)
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title
京都

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧