カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Jさま 昨日は長電..
by Taeko Yanagida at 08:48
Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

2009年 03月 07日 ( 1 )

Opera 「Madama Butterfly」

土曜日11時からBanff で唯一の映画館LUXで「NY Metroporitan Opera」を鑑賞。
a0047577_119308.jpg
今回もコンドウの隣人Elizabethに誘われて出かけました。
演目はプッチー二作曲「Madama Butterfly」、NYの舞台から生中継、3時間25分に渡り、世界中多くの国々で同時に楽しめる「The Met: Live in HD」という素晴らしいイベントでした。
Madama Butterfly」のストーリーはご存じの方も多いと思いますが、私は今回初めて全3幕を鑑賞。
今回は日本に精通した中国人の演出家が関わり、蝶々夫人の子供役を3人の人形遣いが操る「文楽人形」で演じたり、プレイ中に黒子がたくさん登場し舞台装置の移動や衣裳のや小道具の入れ換えを行う様はまるで「歌舞伎」そのものでした。
「文楽」については、よかったらこのサイトをご覧になってくださいね。

幕間の休憩は約30分、実際の劇場では単なる休憩時間ですが、世界各国のシアターで観ている人々は、休憩時間が15分。
a0047577_1495012.jpg
その後は舞台の裏で行われるキャストの方々のインタビューも紹介され、非常に興味深い企画となっていました。
a0047577_1511370.jpg
 
15歳のCho-Cho sanを演じたPatricia Racetteはすでに熟女で、当初はちょっと違和感があったのですが、ストーリーが進んで行くにつれ、彼女がだんだん15歳-18歳の一途な日本女性に見えてくる不思議さ…。
夫の帰りを待ち焦がれていた彼女でしたが、最後は帰国したのち生まれた子供Joyを、ピンカートンの再来日に同行した「妻」に委ね、日本女性の意地とプライドを見せて自害する…という悲しいストーリー。

子役は無表情なパペットですが、3人の人形遣いたちの見事な操作により、まるで生きている子供のような動きに、観客は3幕終盤ほとんどの人が涙を流していたらしく、あちこちで鼻をかむ音が…、もちろん私も…見かねたElizabethがティッシュを分けてくれました。
本日鑑賞したのは約40-50人程、多くがシニアの方々で、Canmoreに住む英語のチューターJeanieとSydneyにも出会いました^^

More
[PR]
by canadianlife | 2009-03-07 01:13 | カナダ・ライフ | Comments(0)

リンク集

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
クッキング
グルメ(Canada&NY)
グルメ(Japan)
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title
京都

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧