カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新のコメント

Jさま 昨日は長電..
by Taeko Yanagida at 08:48
Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...

「スラムドッグ$ミリオネア」

a0047577_115223.jpg
(C)2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

コンドウの#201に住むElizabeth(70歳になるおばあちゃま)に誘われて、彼女のお友達Aliciaと3人でBanffで映画を観ることになりました。
アカデミー賞8部門授賞、今一番ホットな映画は、火曜日の英語クラスでも評判が高かったので興味津々でした。
監督はイギリス人ですが舞台はインドのムンバイ、インドの無秩序や混沌をうまく切り取る鮮やかな映像はお見事!しかし…イントロの30分は目を覆いたくなるシーンの連続><;
日本でも4月中旬から上演が決まっているそうなので、お勧めムービーです。

お話は、主人公の青年が参加している"Who wants to be a millionaire?" で質問に正解しながら掛け金が巨額にせり上がっていくというクイズ番組のテレビ中継がメインストーリー。
それと絡み合うもうひとつのストーリーは、クイズ番組で不正を働いているのではないかと警察に尋問されて、その青年が語り出す幼少期からの生い立ちと人生。
主人公はインドのムンバイで孤児となり、一人でスラム街のアウトローとして常に生死の危機にさらされながら、懸命に生きてきたジャマール。
それがカットバックで映し出されれながら…最後はそのストーりが現在に結びつく形で展開されます。
幼い頃から想ってきた女性とのラブストーリーで気をもませながら、3つのストーリーがアクションやコメディの要素も取り込みつつ、うまくからまりあいながら、クライマックスシーンへと誘われるのです。
 
冷静になってみれば単純なラブストーリーなのですが、ムンバイで撮られた画像の強烈なインパクトと、子供たちの名演技も含め、脚本や最後の落ちのうまさで、さすがにオスカー受賞作!と納得。
インド映画と言えば、やはりエンドロールには例の歌と踊りが出て来るので、肩の力がスーと抜けて、イントロの耐えがたい映像をすべて忘れて気分よくシアターを出ることができました(笑)
[PR]
by canadianlife | 2009-03-03 22:51 | Movie | Comments(4)
Commented by sushigoro at 2009-03-05 02:43 x
そう この映画だと思います… アカデミー賞ソウナメにした話題の映画・・・ 私は見ておりませんが…
実はこの映画我が田舎町で先日上映始まりました 町中にある小ぢんまりした映画館で… 先週の金曜日私は仕事で通常花金でレストラン業はけっこう忙しいのですが この日はガラガラ・・・ 待てど暮らせど客はパラパラとしかやって来ません 何なんだ今日は・・・? という感じでその時は映画のいことなどまったく知りませんでした 後で聞く実はこのアカデミー賞ソウナメの映画がオールナイトで上映されていたとの事・・・ 町中の人は映画館に押しかけ映画館が溢れ返っていたようです 町中のレストランは皆どこもガラガラ・・・ それだけの話題の映画なのですね~ 若い子は見ておかないと会話に参加できないというところもあると思います 「レストラン業つぶすには良い映画を作れば良い」ということですネ!とにかく小さな田舎町はイベント等には大きく左右されます 娯楽が少ないカナダの特徴でしょうか…? 余談まで・・・
Commented by canadianlife at 2009-03-05 03:03
よくお邪魔するブロガーさんもこの映画に行かれたそうですが、イントロがあまりに衝撃的過ぎて30分で席を立って出てしまったそうです…
インドに住んでいる方、あるいはインドに通じている方から彼女にコメントがあり、この映画監督はイギリス人であくまでも外国人から見たインドを描いている。これはごく一部だけを切り取り誇張しているのだと…
実際のインドは経済発展、教育すべてが世界的レベルいえ、それ以上であり、いまや天才をたくさん生む国なのですから…そのうち世界征服はインド人によって…かも知れません。恐るべしインドパワー。
処で、私はインド独特の踊りたくなる音楽、理由なしに、大好きです^^
Commented by maruko at 2009-03-05 09:30 x
すっかりご無沙汰しておりました。
この映画見たんですねぇ。ええ、アカデミー賞の授賞式を見ていて最初は「え~何?」と思い、最後は」「こんなに評価されてるなら見てみたい」と思ったのです。イントロ30分の部分は今から気が重いのですが、見に行ってみます。日本では今「おくりびと」がすごい事になってますけど、こっちはどうしようかな?って感じです。

ちなみに私のカナダ生活でインド人は苦手なんですけどね(><)
Commented by canadianlife at 2009-03-05 11:43 x
Marukoさま
新妻、うまくこなして頑張ってますか?^^
昨夏など、BSHは裕福そうなインドの方々でいっぱい!でしたね。
日本の「おくりびと」Video化されたらすぐ見たいですぅ。

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
クッキング
グルメ(Canada&NY)
グルメ(Japan)
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title
京都

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧