カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のコメント

Jさま 昨日は長電..
by Taeko Yanagida at 08:48
Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

『茶の湯を楽しむ会』7月の集い

a0047577_10544921.jpg
先月の集い」から早1ヶ月。
今日は2回目の茶の湯のお稽古…。昨晩、お稽古道具を選びました。
涼しげな「蛍袋」をイメージしたガラス製のお水指。塗り蓋にあしらわれた「貝」が気に入り、神戸の茶道具店で求めたもの。
a0047577_14434199.jpg

主茶碗は宇治・炭山で見つけた平茶碗。
薄茶器は利休型の朱塗りのお棗、宝尽く蒔絵。蓋裏にもちょこっと蒔絵がついています。
お茶勺は、その昔、大徳寺・大慈院から頂戴したもので、ご銘は『一期一会』
そして、替え茶碗は清水焼で、黒地にパッと散る花火の絵。
京都、清水焼団地の陶器市は8月上旬。
日傘なしでは歩けないほどの猛暑の中、歩き回って見つけたこのお茶碗。
お値段はヒ・ミ・ツですが(笑)お茶のグリンがとても映えるので、お気に入りです!
a0047577_14445169.jpg

今日も、お花はS邸から。毎週お庭の花々を見せていただいていますが、毎年、種が落ちて自然に咲くそうで、いつもお庭は花いっぱい(^^)v

お菓子は、先日ありがたくも虎屋の羊羹を戴き、涼しげに見せようと、バカラのお皿に盛ってお出ししました。
a0047577_14523081.jpg
スモークサーモンとチーズを盛り付けるのも宜しいのですが、青竹のお箸を添えて羊羹を配すると、不思議と「和」の世界に通じるのです。

今日は、いつもお花を戴くAさんとMさんご夫妻にもお声を掛け、夫も仲間入りしてたっぷり7碗の薄茶を点てました。
お抹茶は、京都・一保堂の『若松の昔』、本当はお濃茶で、最高級品!でも、このことはお客様には伝えていません。
言うと、プレッシャーで「美味しい…」と言わされるのは可哀相ですから。
自然と、『あ~美味しい一服でした!』と、言っていただけるように、お茶をお点てするべきですからね…。

今日は、ビギナーのYukiちゃんに『袱紗捌き』の特訓!
来月のお稽古から、いよいよお点前のレクチャーに突入です。
あ~、早くYukiちゃんが点ててくれた薄茶を戴きたいと願いつつ…今日もついに「ご自服」で薄茶が飲めなかったcanadianlifeでありました(^^;
[PR]
by canadianlife | 2008-07-19 09:26 | 茶道 | Comments(7)
Commented by classica at 2008-07-20 20:32
季節感を、取り入れて、素敵な茶道具-群(?)になりますね。 主催するあなたの方は、日本人の細やかな季節に対する感性を、前回から引き続いて演出するのだけれども、必ずしもおいでになる方が、引き続いて・・とはかぎらないのでしたら、前回の様子を示した写真コーナーがあっても良いですね。わたしが言わなくても、もち・・・なのかな?
Commented by canadianlife at 2008-07-20 22:19 x
classsicaさま
カナダで「茶の湯」、楽しい面もあるし、和室がないのでお作法を教えるのにちょっと難しいことも色々とあり…。
毎回、少ないお道具の中から工夫して季節感を出しています。
「亭主」の思い入れを、「客」にわかってもらえるように、これからボチボチ指導してあげられたら・・・と思っています。
お弟子さんたちは、ブログを読んでくださっているようなので、これから色々とお勉強してくださると思って、それを楽しみにしています(^^)
Commented by hiiragichiharu at 2008-07-21 06:39
素晴らしいお茶道具。
水差しがガラスは、初体験です。
(まるで、私がそこに居たような気分)
棗も前回のお写真とは違うものですね。
Commented by canadianlife at 2008-07-21 10:09 x
chiharuさま
遊び心いっぱいのお水指、見つけたときワクワクしました。
7、8月に使おうと、楽しみにしていたので、やっと箱から出して陽の目を見ましたね!
塗り蓋にくっ付いている貝のガラス細工が手作りで、すごく可愛いのです(^^)v
棗ですが、前回は「吹雪」(ふぶき)といって蓋の周囲が面取りしてあるもの。今回のものとは袱紗の扱い方が違うのです。
お稽古道具は、必ず一部分は毎回違ったものを出すつもりにしています。
毎回、何を使おうかと悩むことが亭主の楽しみでもあるなんて「茶道」って、へんな趣味かしらね!?
Commented at 2008-07-21 10:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 由希 at 2008-07-21 14:54 x
わー!
お世話になっております・・・お恥ずかしいです・・・
ガラス容器も花火柄も、とっても素敵な季節感をあらわしてくれてましたねぇ。カナダでは忘れがちな・・・これを読むと亭主さんの細かいお心遣いがすごーくよくわかりますね。私ももっと勉強して細やかなところにまで目が行くようにしなければ・・・です。
お茶の席では「ご自服ください」と、もしかして主客が言うのでしょうか??それだったらごめんなさい!!><やはり細かい気配りが足りない証拠・・・・ご自服、次回はちゃんと良いタイミングで言えるよう努力します!

Commented by canadianlife at 2008-07-21 14:59
由希ちゃん
ご心配なく!
これは先生である私がそのうちお教えするべきことなのです(^^)
次回は、いよいよ一服点てて頂けそうで、とっても楽しみです。
お閑な時に、「本」に目を通しておいて下されば、随分心がけが違ってくると思います(^^)

リンク集

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
クッキング
グルメ(Canada&NY)
グルメ(Japan)
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title
京都

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧