カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40
妙子さま 昨日はバンフ..
by canadianlife at 10:21

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
more...

<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

本日は快晴なり!

昨日の雨模様とはうっと変わって、久々のカナダ晴れ~!
a0047577_13363919.jpg
同じ場所から撮った昨日(下にスクロール!)の画像と、見比べてください。
やっぱ、こうでなくちゃ元気も出ません(笑)
[PR]
by canadianlife | 2010-04-30 15:34 | カナダ・ライフ | Comments(0)

昼間は雨、夜は雪・・・?

ここ2,3日、曇り空が続いて、今朝は雨…。
a0047577_17105628.jpg
お昼前、銀行や郵便局に用事があってダウンタウンに行った帰り道の画像。
町中がグレー。

午後からは、夫に頼まれた用事でバンフへ。
a0047577_17133752.jpg
午後からちょっと雨は止んだのですが、バンフもやっぱりグレー。
誰かとカフェでおしゃべりしたかったのですが、ラブも連れて行ったし、なんだかアクティブになれず、用事が終わったらキャンモアへ直帰しました。

すか~~!とカナダ晴れじゃないと、気も晴れませんね。
[PR]
by canadianlife | 2010-04-29 23:08 | カナダ・ライフ | Comments(0)

カナダで、独身生活開始!

カナダ時間で26日夕方6時頃、無事にキャンモアの我が家に到着!
a0047577_14341498.jpg
画像は、京都で滞在していた家のご近所のお庭に咲いていた「小手毬」。来たばかりの頃はまだつぼみも硬かったのに…。

帰宅してすぐ、ラブを迎えに友人のCarmenのお宅へ急いで出かけた。家の前に車を止めると、人の気配を感じた彼女はいつものようにドアの前で元気な声で吠えていた。

ドアが開いたとたんに飛びだしてきて、私を観るとすぐに抱っこ!のおねだり。良かった、覚えていてくれて!(笑)Carmenの家族は本当に可愛がってくれて…「このままずっと預かっていてもいいのよ」って言いながら子供たちにラブとのお別れをさせながら冗談交じりで言ってくれた。素敵な両親に育てられたAlba,Ian,Lina、3人の子供たちはそろって素直で思いやりがあり、ラブは本当に居心地がよさそうだった。

私が発つ日、夫は歯科予約とリハビリがあり早目に家を出たので、最後のお掃除と洗濯を終え、空港行きのタクシーが迎えに来る11時30分まで約1時間残っていたので、いつもの疏水沿い(哲学の道と呼ばれている)のお散歩コースを早歩きで回ってみた。
a0047577_14404085.jpg
これは「花水木」、外来種でアメリカでは「Dog Wood」と言う。今や京都市内のあちこちに街路樹として植えられており、帰路のタクシーの中からもきれいに咲いている「花水木」をたくさん見ながら京都南インターから名神高速道に乗り、伊丹空港へ向かった。
a0047577_14443522.jpg
こちらも外来種で、デモルフォセカ。花弁の表は薄紫、でも裏は濃い紫なのが特徴。ツタのように茎(蔓)が延びて、同時に根が茎のあちこちから出てどんどん広がって行き、短時間で土の部分を覆い、虫にも強く、秋遅くまで次々と花が咲くので、エクステリアには好都合のお花。かつて、私も神戸の家ではフェンス周囲におかめ蔦と一緒に絡めて植えていた。
a0047577_1572244.jpg
疏水の風景。桜は全て花が散り、きれいな若葉がぐんぐん伸びて、桜の季節とはまた別の、グリンが深くて癒し系の清々しい姿を見せてくれた。
a0047577_159244.jpg
「哲学の道」はかつて哲学者・西田幾多郎がよく散歩していたことから由来したとか。薄陽が差し、やっと暖かさを感じることが出来た京都を、もう離れなければならないのはちょっと残念・・・。急ぎ家に戻り、荷物をお玄関先に運んで待っていると、時間通りにMKタクシーが到着、渋滞もなく伊丹空港へ到着、チェックインして受託手荷物を預けた後は身軽になり、順調に成田~バンクーバー~カルガリーと乗り継ぎ、無事キャンモアへ。

今日から当分ひとりと一匹のちょっと淋しいキャンモア暮らし・・・頑張ろうっと!

ごめんなさい!
[PR]
by canadianlife | 2010-04-27 22:28 | カナダ・ライフ | Comments(12)

帰ります・・・

a0047577_214994.jpg
21日にCanadaに帰る予定でしたが都合で5日延し、明日帰ることになりました。来る時は夫と一緒でしたが、帰りは一人。夫は都合で後12週間ほど日本に滞在してから帰国の予定。結婚以来、こんなに長く離れて暮らすのは初めてのこと・・・。

その昔「亭主元気で留守がいい」と言うCMがありましたが、こう長く留守されると、さすがに寂しいですね・・・。

京都の高島屋で・・・
[PR]
by canadianlife | 2010-04-25 22:57 | JAPAN Life | Comments(4)

懐かしいお茶室で…

先週、私のためにわざわざご自宅でお稽古をして下さった元O邸のお稽古仲間のYさんからお話がつながり、日本を離れる寸前までお稽古に伺っていたO邸のお稽古があるので参加しないかと嬉しいお誘いがあった。
a0047577_2433731.jpg
5年ぶりのO邸、お茶室に掛けられた釣り釜はお稽古仲間Mさんのご主人、河田松寿氏の作品。
ここで15年余り、表千家の茶道をみっちりと学ばせてもらった、それはもう懐かしいお茶席で、今日はゆっくりとお仲間のお稽古風景を拝見させていただく。
a0047577_2482092.jpg
床飾りは久田宗也宗匠の一行と、O邸のお庭に咲いた牡丹が青磁の花器に活けられ、「釣り釜と旅箪笥」と共に、春から初夏へと季節のうつろいを感じさせてくれる。

もうすぐこちらのお家はお引越しをされることになっているので、この懐かしいお茶室に座らせていただくのも今日が最後。名残を惜しみつつ、昔一緒にお稽古したお仲間がいまだに続けている「研究会」に参加。「炭点前」の後、「唐物」、「台天目」と相伝のお点前をみせて戴き、皆様のお勧めで、私も5年ぶりに薄茶のお点前をさせて戴くことになった。
a0047577_2593056.jpg
何もかもカナダの「なんちゃって」とは全く違う「本物の茶道」に、こうしてゆっくりと触れさせていただけるひと時をしみじみ味わいながら点前座で「無」になって薄茶を点てることに集中…。
a0047577_345822.jpg
7月からは新しいお家のお茶室でお稽古が始まるとの事。

たとえ年一回でもいいから、また今日のようにお稽古に参加させていただける機会がありますようにと願いつつ、後片付けの終わったお茶席を眺めていたら…もう2度とこのお席に来ることはないのだ…と感無量で、急に目頭が熱くなってしまった。

京都で過ごした日々の中で、私の最大の楽しみは「茶道」であり、そこで学ばせて戴いたおかげで、本年お家元から「表千家茶道教授」資格が戴けることになった。まさに、継続は金なり!

9歳の私を茶道に出会わせてくれた母、O邸のお稽古の日々、そして夫Nの応援、どれが欠けても今の私はあり得ないのだから、今まで育んで下さった人々に大感謝。
[PR]
by canadianlife | 2010-04-22 22:26 | 茶道 | Comments(0)

シャンティ

わが家のラブ、実は7年前に6匹子供を産み、次女のシャンティは息子家族と京都で暮らしている。
a0047577_14142762.jpg
夫に抱っこされて大はしゃぎのシャンティ。
ラブはレッド、母親はブラック・タンのスムース、父親はクリームのロングコート。
シャンティはクリームのロングコート。父親はラブと同じでクリームのロングコートなので、とってもお父親似であり、お母さんのラブよりひとまわり(もっとかな?)大きく成長している^^
a0047577_14382559.jpg
小1のやんちゃな男の子に対抗して、日々頑張る、元気でけなげなシャンティなのであります。
[PR]
by canadianlife | 2010-04-20 14:38 | JAPAN Life | Comments(2)

「哲学の道」散策

a0047577_2211046.jpg
哲学の道沿いで見つけた真っ赤なもみじの新葉。先週末は「桜吹雪」の中を散歩したのに…一週間で、もうこんなに新緑の候へと変貌している。
a0047577_2243699.jpg
いつも、銀閣寺に向かって短い距離を歩いていたが、今回は神戸から来客があり、人が少なくなる夕方からゆっくりと若王子へ向かって歩いてみた。
a0047577_2264834.jpg
鹿ケ谷辺りでこんな看板を見つけ、門を入ってみると…
a0047577_228610.jpg
かなり広い回遊式庭園になっている。
a0047577_2285229.jpg
お屋敷は、1階も2階も和室に低いテーブルが置かれ、庭園を中めながら和風のスイーツなど戴ける喫茶室となっている。

庭園の奥の「離れ」には「よーじや」を一躍有名にした「あぶら取り紙」をはじめたくさんの美顔商品が並べられ、女性客でにぎわっていた。

若王子の手前にある大豊神社まで歩いて、少し風が出て寒くなってきたので、同じ疏水沿いを引き返して帰っていると、今度はあちこち柔らかいグリンの紅葉の新葉が目に留まる。
a0047577_2375441.jpg
そんな中、遅咲きの八重桜に交じって、まだ元気に花を咲かせている「ソメイヨシノ」もあり、季節のうつろいをたっぷりと楽しくことが出来た。
a0047577_2355056.jpg

[PR]
by canadianlife | 2010-04-18 23:18 | JAPAN Life | Comments(2)

旅箪笥

今日、京都在住中、長年に渡りご一緒に茶道のお稽古をしたYさんのご自宅をお訪ねした。
a0047577_2104094.jpg
広間のお茶室で私を待っていてくれたのは懐かしい「旅箪笥(たびだんす)」。

カナダに移住するとき、お棚や広間で使うお道具のほとんどを茶道のお稽古仲間に差し上げた…その中の一つがこの「旅箪笥」。きれいに整えられた広間に置いてもらって…とっても居心地がよさそうに鎮座している。
思い入れて求めた懐かしいお道具の一つに、また出会わせてくださったYさんのお心遣いが嬉しかった。

久しぶりに「唐物」(真)のお点前をさせていただき、お濃茶も味わい…
とっても幸せなひと時を、本当に、ありがとう~!
[PR]
by canadianlife | 2010-04-16 22:09 | 茶道 | Comments(5)

実家へ

夫を京都に残し、岡山県北にある生家へ1泊2日で出掛けた。

2日間たっぷりと雨水を含んだ生家の庭は、緑がとても鮮やかだった。
a0047577_1331564.jpg
祖父が造った「遠州流」の庭。5月上旬にはツツジがきれいに咲き誇る。
a0047577_13355664.jpg
母の部屋から見た風景。ピンクに見えているのはもみじの新芽。このもみじの新葉は真っ赤になる。
a0047577_14111995.jpg
いつも手入れが行き届いた庭を見る度、家人の維持管理の努力が窺える。

2月に一緒に温泉旅行をした母、また少し足が弱って歩きにくくなっていると聞き、気掛かり…。

追記・・・
[PR]
by canadianlife | 2010-04-12 21:11 | JAPAN Life | Comments(4)

法然院

a0047577_12164261.jpg
逗留中の家から歩いて5分のところに『法然院』がある。
a0047577_12214176.jpg
朝7時、すでに開門され、ご奉仕の方々によってきれいに掃き清められた境内へ入ってみると…
a0047577_12244440.jpg
我々以外ひと気もなく、静寂の中、時折『うぐいす』の鳴声が木霊する。
a0047577_12321016.jpg
境内の苔むした庭を見ながら歩いていると、心身共に潤って来る自分に気づく。

午後から…
[PR]
by canadianlife | 2010-04-10 20:12 | JAPAN Life | Comments(5)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
グルメ
クッキング
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧