カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40
妙子さま 昨日はバンフ..
by canadianlife at 10:21

以前の記事

2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本での日々 その3

柳井のUeno邸ゲストハウスにはかつて私が愛したピアノがあります…
a0047577_9241696.jpg
今の主、Mさんが毎日ピカピカに磨いてくださり、見違えるほど美人になっています^^
夕食後、ミニコンサートが始まりました。
a0047577_922412.jpg
4月25日が発表会と言うことで…頑張って練習中のショパンの名曲「ノクターン」を、見事に弾きこなすMさん…感動しながら聴きました。
ピアノがお嫁に行って早3年半、それから練習を始められたというMさんですが、60過ぎてから…こんなに上達なさるなんてすばらし過ぎます!

この夜はゲストハウスにひとりで泊まりました…
ご主人が私の好きな赤ワインを用意してくださっていて、まさに至れりつくせり。
ゲストハウスはモダンな本宅とは全く違ったインテリア。
Mさん選りすぐりのアンティーク家具が置かれ、とってもシックな雰囲気のリビングの窓から、月明かりに照らされた瀬戸内海を眺めながら、グラス一杯だけ…と思いつつ、BGMのピアノ名曲集と夜の海の情景にうっとり…。
美味しいワインで、ついもう一杯…戴いてしまい、ほろ酔い気分でご就寝となりました(笑)

次の日は…
[PR]
by canadianlife | 2009-04-29 23:20 | 旅(北米・Asia) | Comments(0)

日本での日々 その2

日本に帰ると、いつも立ち寄らせていただきたくなる、山口県柳井市で暮らす「茶の湯」友達のMさんのところ。
このたびも一泊ですが…本宅と同じ敷地内にあるゲストハウスに逗留させていただき、穏やかな瀬戸内の海を眺めながら静かな夜~朝を過ごし、また身も心もリフレッシュした気がします。
こんなことができるのもJRパスのお陰!?(笑)
今回は新岩国へお迎えに来ていただいた後、サプライズ!がありました。
a0047577_1673153.jpg
Mさんのお友達Oさんが、私のために素敵なミニ茶会を開いてくださったのです!
Canadaへ移住する1年前、柳井在住の茶道仲間を神戸の自宅へ「お茶事」にお招きしたことがあり、今度はぜひ柳井で「お茶事」を!とお誘いを受けながら、なかなか時間が取れずまだ実現していないのですが、今回はお茶室を改築されたOさんがお支度を整えて待っていてくださいました。
a0047577_1614714.jpg
久しぶりにいただく「お濃茶」そして「続き薄」、それはそれは美味しゅうございました!3年もご無沙汰しているとすっかり濃茶のお作法も忘れてしまっているのでは…と、ドキドキしながらのお席入りでしたが…嬉しいことに、恐れ多くも(笑)お正客として席に着くと…何もかもが鮮明に蘇り、すべてスムーズに進んだことが嬉しくてなりませんでした。

10歳で始めた茶道。途中でお稽古に通えない時期もかなりありましたが…
京都で続けることの出来たお稽古の数々を私の体がしっかり覚えているのだと確信した瞬間でした。
長く生きてきて、いろんなことをかじりましたが…結局しっかりと身に付いたのは「茶道」だけかもしれません。「継続は金なり」ですね^^

その昔、母は小学生だった私を連れて茶道の先生を訪ねました。そのとき出された主菓子の美味しかったこと!
ここに来ればこんなに美味しい和菓子がいつも食べられる!それにつられて…お稽古を始めました。
動機はどうあれ、日本の素晴らしい文化を長年にわたって学べる環境にあったことをとても幸せに感じています。
[PR]
by canadianlife | 2009-04-28 15:55 | 旅(北米・Asia) | Comments(0)

日本での日々 その1

滞在12日間、ほとんど実家で過ごし、日々入院中の父を見舞い、最近めっきり足腰が弱くなって出かける機会が少なくなっている母に
      「どこかドライブして行ってみたいところはなぁい?」
と尋ねたら「とっとり花回廊」と「自分の生家」へ行きたいというので…
まずは「花回廊」へ。
a0047577_1612645.jpg
父母の住む家は鳥取と広島のほぼ県境にあるので、のんびり車で走って…約1時間半で到着。
日本海側に近くなるせいか?まだ桜もチューリップも真っ盛り!母のお陰で私も日本の春を満喫することができました。
a0047577_1620348.jpg
遠くに大山を眺めながら、広大な園内を周遊トレイン(バス)で一周できるので、母も園内すべてを見て回ることができました。
雨の日でも傘なしで回れるように屋根付きの回廊があり、ブッチャートガーデンさながらの手入れの行き届いたすてきなところでした^^

つづき…
[PR]
by canadianlife | 2009-04-26 23:52 | 旅(北米・Asia) | Comments(12)

LOVEの娘、シャンティ

やっと、アメリカ・サンフランシスコまで帰ってきました。
カルガリー行きのフライトまで4時間ほど乗継時間があるのでラウンジでこの
Blogを更新中。
時間があると思ってちょっとお昼寝してしまい…結局慌ててちゃんと書けない有様(笑)
とにかく、久しぶりに添い寝してくれたシャンティをアップして、79番ゲートにまいります。
a0047577_8363452.jpg

[PR]
by canadianlife | 2009-04-25 08:36 | わんこ | Comments(6)

サンフランシスコ経由で日本へ。

a0047577_2013323.jpg
昨日、無事、日本に到着いたしました。
出発の4日前、急きょ航空券を取ったため何と朝6:00のフライト!
カルガリーNWに住むお友達のところに前泊させてもらい、おまけに朝4時に空港まで送ってもらい、大感謝です。
今回はアメリカ・サンフランシスコ経由で関空へ。
12年ぶりのサンフランシスコ空港…かつてポートランドやNYへ行くとき20回くらいはトランジットしたこの空港ですから、迷うことなくKIX行きフライトのゲートに。
United Airilineを利用するのも10年ぶりでした。

目的の「お見舞い」は、今日果たせました。
病院のベッドで、ちゃんと私を見て差し出された手の温もり…あぁ、本当に来てよかったと思った瞬間です。
[PR]
by canadianlife | 2009-04-13 22:32 | 旅(北米・Asia) | Comments(6)

緊急帰国

a0047577_16362872.jpg
どうしてもお見舞いしたい人があり、短期間ですが、日本に行ってまいります。関西の桜花はもうとっくに散ってしまっているようですが…間違いなく、葉桜は楽しめることでしょう(笑)
[PR]
by canadianlife | 2009-04-09 22:33 | カナダ・ライフ | Comments(6)

Mt NorquayでNew Skiを試す

a0047577_151994.jpg
今朝、Now on sale!で新しいスキー板をゲット!2000年にスキーを始めて…2004年に憧れのRossignol、そして今日また!
早速滑りを試そうと、Mt Norquayへ!
んっ?!ターンが楽にできる!?
以前の板は162cm、今回は148cm。最近どんどんカーヴィングスキーは短めになっているんですね。この14cmの差はと~っても大きい気がします。
a0047577_154776.jpg

気温がぐんぐん上がり、お昼頃から雪はシャーベッド状になってきました。ネックウォーマーがいらない程の陽気で、気持ちよ~く滑ることができました^^
画像は夫のコーチを受けて滑りだそうとする私…。カメラを忘れた私の代わりに、同行のGoroさんが撮ってくれました!日中はすでに10℃、-20℃のあの日が嘘のように…ちょっと滑るとジワ~ッと、汗ばむほど^^;
もうすぐスキーシーズンは終わりですが、今季もなんとか怪我なく楽しむことができました^^
昨シーズンに比べるとチョットだけ、下手は下手なりに…向上した気がします。来季は「かっこよく滑る!」でも、めざしますか!←それにはまずウェアも買い替えないと!?(笑)
[PR]
by canadianlife | 2009-04-06 23:23 | ウインタースポーツ | Comments(2)

Snowshoes履いて

まだ雪に埋もれているPeyto Lake(ペイトレイク)へ、行ってみました。
a0047577_15463172.jpg
展望台から撮影。快晴でしたが私はコンパクトカメラなのでフィルターがなく…本物の景色はもっときれいなのに、その美しさが出せません。そのうち夫の写真を掲載しますね。ちなみに夏のペイト(←クリック!)
a0047577_15485988.jpg
気温が上がり、春の眩しい日差しを受けながら、パーキングでSnowshoesを着け、坂道を登ること約30分で、展望台到着!トレイルが開くのは6月上旬ですが、歩いてならいつでも行くことができます。キャンモアからは約1時間30分のドライブ。Hwyの両脇に続くまだ雪をたっぷりと被ったカナディアンロッキーの美しさに見とれながらドライブを楽しみました。
「ホンマにぜいたくやな~!こんな景色に囲まれて暮らしているやなんて…」といつものセリフに一段と力が入り、超ご満悦の夫でありました(笑)

今日は私が運転し、Trans Canada Hwy 1のあちこちにあるビューポイントで止まっては、撮影…さつえい…サツエイ…結局ペイト到着まで2時間半かかってました^^;
a0047577_16123419.jpg
おとーさんが撮影に勤しんでいる間、この子はおりこうさんで車の中で待っていました。お陰でご褒美に?雪深いところはおとーさんのカメラバッグの上に乗っけてもらって嬉しそう(笑)ちゃんと記念撮影もしましたよ^^
a0047577_16151691.jpg

[PR]
by canadianlife | 2009-04-05 23:43 | ウインタースポーツ | Comments(6)

Canada Post

a0047577_740142.jpg
Canada Postは郵便業務を行うところですが、日本の郵便局とはかなり違い、郵貯や簡保、キャッシュカード等の取扱いはなく、ただ単純に切手を販売したり郵便・小包の取り扱いのみ行います。
キャンモアではダウンタウンとSobeysというスーパーマーケットの中と2箇所オフィスがあり、ダウンタウンのオフィスには私書箱があり、Sobeysのオフィスは、ポストに入りきらない大きさの郵便物や小包すべてを保管してくれるので、お知らせのはがきが届くと取りに行くことになります。
キャンモアでは個人宅に直接郵便物の配達はなく、下の画像のように周囲何軒かまとめて道路脇に設置された小さなポストに配られます。
a0047577_82250.jpg
a0047577_8155930.jpg

少し大きな郵便物なら、一番下にある30cm角くらいのBoxの鍵がポストに入れてあるので、それを使って取り出し、鍵は上部の投函口に投入します。切手を張った手紙やはがきをここに投函すると、集配人が来て持って行ってくれる
システムです。住人は個々のポストの鍵を住所を定めた時に郵便局で補償金を支払い受け取ります。

私が住んでいるのはコンドミニアムと呼ばれる集合住宅。略して「コンドウ」と言うのですが、コンドウの便利なところはポストは建物の中にあり、大雪の日などわざわざ防寒して外に取りに行く必要がなくとても助かります^^
a0047577_8245650.jpg
大きな郵便物や小包は、外のポストと同じように個人のボックスに鍵が入っていて、下にある大きなボックスから取り出し鍵はOut Goingの方へ…。もっと大きな小包などはSobeysへ取りに行きます。

時々不便だな~って思うことは、宅急便が普及していないので「早く」「確実に」届けたいものがある時はFedExかUPS、地元のCanmore Courier(カルガリーとバンフ、キャンモア間の輸送)を使うしかありませんが、日本の宅急便よりも割高ですし、もちろんカナダは大きな国なので…日数がかかります。
FedEx、USPは専用の航空機を使うので、NYは次の日、日本でも3日間で届いたりしますが、料金はA4封筒サイズで$60かかってしまいます><; 
Time is money…ですね。

ところが…
[PR]
by canadianlife | 2009-04-04 16:38 | カナダ・ライフ | Comments(0)

Grotto CreekでIce Walking!

日本へ帰るYuriちゃんを空港行きのバスがくるラジソンホテルまで見送り、淋しくなった気持ちを振り払うように、仕事がオフになった友人達に誘われGrotto Creekへ行ってみることにしました。
a0047577_1382390.jpg
陽のあたるところはツルツル!まさしくIce Walkです(笑)木陰はまだフカフカ雪で…しっかり靴に「アイサー」を取り付けトレイルヘッドから歩くこと約40分でクリークの奥にある滝へ辿り着きました。
a0047577_14433577.jpg
今日は5名参加です^^
a0047577_13121583.jpg
途中の大きな岩にはこんなものが…
a0047577_13133891.jpg
先住民が描いた壁画がこんなところにも!ロッキーではこんな壁画が沢山見つかっていて、それを眺めながらいつもその昔この辺ではいったいどんな生活が営まれていたのかと思いをはせることになります。
どれくらい前に描かれたものなのかはっきり知らないので、ちゃんと専門家に話を聞いてみる機会があると面白いだろうな…と思いつつ、まだそのチャンスを得ていません。
a0047577_1327892.jpg
つららが太陽に当たりじわじわ融けだしています。この滝からまだ奥へクリークを伝って20分ほど歩き、日当りの好い場所で温かいお茶とチョコをほおばりながらしばし賑やかにおしゃべり!
その時ちょうど上空を飛行機が通過して…10時半ごろだったのでYuriちゃんの乗ったAC 209じゃない?!などと言いながら手を振ったり(笑)

トレイルの途中にあった看板、壁画に触らないで…と書いてありますが、どうしても触ってしまう人がいるらしく壁画は何か上から透明な塗料でコーティングしてあったことが大変残念です。
a0047577_1348390.jpg

車を止めたトレイルヘッドから往復約2時間半、ちょうどよいお散歩になりました。夏のクリークはどうなっているのかしら?と、参加者全員また7月ごろにハイキングに来ようね~!と、盛り上がって解散^^

ランチは…
[PR]
by canadianlife | 2009-04-03 22:58 | ウインタースポーツ | Comments(2)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
グルメ
クッキング
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧