カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Jさま 昨日は長電..
by Taeko Yanagida at 08:48
Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...

<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

See you soon~☆

夕方のボウリバー川畔。
対面にMt.Yamnuskaを望むピクニック・プレイス、Whitefish。
a0047577_1402324.jpg
7月5日、2年ぶりにキャンモアへ戻ってきたRenaちゃん、とうとう明日帰国です。
今回はハイキングを楽しむために長期休暇をとってきたのですが、ちゃんと就職活動も行い、めでたくカルガリーのSushi Restaurantへ就職が決定!Work Visaがでる9月に、またも戻ってくることが決まっているので、「暫しお別れ」のBBQパーティーです(^^)v
a0047577_1455246.jpg
木陰にあるテーブルを確保。
野菜はお家で切って塩コショウ済!アルミホイルに包んで持って来たので焼くだけ!
大きなソーセージも、お肉も下ごしらえバッチリなのですぐ焼けます。
だんだんお出掛けBBQも要領がよくなってますね(^^)v
a0047577_14111371.jpg
こういうBBQには、LOVEも連れて来てもらっています。
州立公園内なので、リーシュの義務はありますが、とっても嬉しそう。
今日のデザート!
a0047577_14204059.jpg
シフォンケーキはTadさん作。トッピングはCanadianlife担当(^^;
コーヒーもUCCの一人ドリップ用でちゃんと美味しく入れました(笑)

6時前から火を起こし、みんなで食べまくって…大満腹したのは8時過ぎ。
Whitefishは、この景色を眺めながら、常設のピクニックテーブル、水道、大きなゴミ箱ときれいなトイレまであり、BBQするには完璧な場所。その上、キャンモアからたったの20分で到着だなんて!気軽にアウトドアは、ここロッキーならではですよね。

a0047577_1419744.jpg
まだ明るいのですが、明日のフライトが早いし、そろそろ夕闇も迫ってきたので解散です。
Renaちゃん、就職が決まって本当に良かったね!
では、また9月にお会いしましょ~!
[PR]
by canadianlife | 2008-07-28 22:57 | カナダ・ライフ | Comments(2)

ヘレンレイク

a0047577_1335574.jpg
1週間ぶりのハイキング。
キャンモアを出るときはちょっと曇り空。
目的地、ヘレンレイクのトレイルヘッドに着くと怪しい雲が空を覆ってきたけれど、ハイクは決行!
先週のメンバーにくまさん、あっ間違えた、Goroさん(笑)を加え、また大所帯での出発。
案の定、登始めて30分ほどで雨が…。
ポンチョを着て歩いて行くと、クロウフット氷河とボウレイクが見えてきました。
a0047577_13403199.jpg
雨はずっと降ったり止んだり。メドウに出る手前でほかのメンバーと話し合い、大降りではなかったので、目的地へレンレイクまで行くことに。
せっかくお花のきれいなメドウに出ましたが、撮影もそこそこに、急ぎ足でヘレンレイクを目指しました。
a0047577_13444442.jpg
長く続くメドウの右手にはドロミテ山が、砦のように立ちはだかっています。
a0047577_13461230.jpg
ヘレンレイクが見えるところまで後一歩というところにある清流。
ここを過ぎると、15分ほどで目的地到着。晴れていれば頑張ってヘレンレイクを見下ろすピークまで行くのですが、お弁当を食べた後、雷も鳴り始めたので今回は断念。
さっさと下山し、ナムタヤ・ロッジで「温か~いお茶!」して帰宅。

このトレイルは、急坂もありますがメドウに出るまでの距離がそれほど長くないので、また絶対リベンジしたいと思います!
a0047577_13572680.jpg

[PR]
by canadianlife | 2008-07-27 22:33 | ハイキング | Comments(4)

Banffの午後

昨日は1日家事に明け暮れ…今日は午後からコスメを買いたかったのでバンフへお出掛け。
お友達に付き合ってもらって、昼下がりのバンフアベニューをブラブラ。
BayやBody shopも覗きましたが、結局、お目当てのコスメは’Smashing'でゲット。
その後、お気に入りのブティックで、あれこれ試着するも…これっ!というものは見つからず、退散(笑)

3:35~Lux Cinema Centre でMamma Mia!を観る予定だったのですが、まだ充分時間があったので、お友達と『お茶』する代りに、こんなビューを楽しめる場所へ行ってみました。
a0047577_1535954.jpg
以前はTimberlandって言う名前のホテルでしたが、オーナーが変わり今は…
a0047577_15361998.jpg

ローカル新聞に載っていたMussels & Wine$8 が、ず~と気になっていた私。とうとう試すチャンスがきました(^^)v
今日は快晴、パティオはちょっと暑く感じて…ダイニングの窓際の席に落ち着きました。
メニューを見ながら、すでに心は決まっていて(笑)お目当てのMussels&Wineを注文。
サーバーさんはフルーティーな白をたっぷりグラスに注いでくれて…
a0047577_16453022.jpg
Steamed PEI mussels with organic apple cider & white wine は
Excellent!
貝の美味しいエキスが染み出たスープもパンに浸して戴きました。
ポーションもちょうどいいし、Wineの代りにBeerでもOK、これはかなりお勧めです!
[PR]
by canadianlife | 2008-07-25 23:08 | グルメ(Canada&NY) | Comments(0)

Play Golf

昨夜の雨も上がり、今朝は澄み切った空気が気持ちいい「ゴルフ日和」!
a0047577_14142072.jpg
一番ホール。後ろを振り向けばThree Sistersが!
a0047577_1417280.jpg
今日のメンバーはおじさま3人と私。
飛ばし屋Mike、大ベテランTadさん、ビクトリアからいらしたという、とってもマナーのいいおじいちゃま。
今日も3人から、色んなことを学ばせていただきました。
a0047577_14264028.jpg

日頃あまり日本人を見かけないCanmore Golf Clubですが、今日は日本人だらけ。
??と思っていたら、大橋巨泉さんとばったり、ドライバーズレンジで出会って納得。
Banffにある彼のお店「OKショップ」主催のコンペでした。
観光業界と密着しているおみやげ物店だから、参加メンバーの中にたくさんガイド会社の関係者を見かけた気がします。
a0047577_14333238.jpg
画像中央が巨泉さん。
TVでご活躍の頃に比べると、かなりスマートになっていらっしゃいますね。
ゴルフ三昧やっていると、そんなに痩せるのかな?!
[PR]
by canadianlife | 2008-07-24 23:09 | カナダ・ライフ | Comments(2)

Farewell Dinner

夫の写真のファンであり、撮影テクニックを学びたいと、早朝撮影にも良く付き合ってくれたKanaちゃんが、とうとう帰国することになりました。
今夜はボーイフレンドのダニーと一緒に夕食にお招きして、楽しいひと時を過ごしました。
ダニーは日本語がとっても上手!9月にはKanaちゃんのいる日本へ1年の予定で行くそうです。
きっとそれで日本語は完璧になるでしょうね。若いって、本当に羨ましい~!

今夜のメニューは…アペタイザー、グァカモレディップ&トルティアチップス。
サラダは「枝豆入りのタブーレ」。6月のゲストに、小さなグラスに入れてお出ししたら好評だったので再登場!

a0047577_22185561.jpg
クスクスは世界一小さなパスタ。レモンとオリーブオイル、塩コショウ、たっぷりのミント、赤と緑のペルペッパー、きゅうり、トマトが入り、超夏向きサラダ。枝豆は彩りもよく、歯応えという点でもアクセントになっています。

次も、サラダ感覚で作った、セルクルで丸く抜いた「散らし寿司」トッピングはエビ、酢漬のしょうがときゅうり&海苔を散らしています。
a0047577_22192148.jpg
もう一品、長芋を短冊に切り水に良くさらした後、梅肉で合えた一品は簡単すぎて(笑)画像を撮り忘れ…(^^;

メインはチキンをローズマリー、ガーリックと醤油で3、4時間マリネしてオーブンで焼いたお得意のメニュ。
a0047577_22195083.jpg
今夜はいつもの温野菜を、ボリュームのあるポテトサラダに替えて添えてみました。

デザートはハーゲンダッツのバニラアイスwith powdered green tea。
甘~いアイスとビターな抹茶がとてもよく合います。

10時過ぎ、やっと日が落ち始め、パティオへ出てワインとチーズで飲み直し(笑)
ダニーがセレクトしてくれたワイン、美味しく戴きました。

日本へ帰っても、ロッキーの楽しかった日々、時々思い出してね~♪
[PR]
by canadianlife | 2008-07-22 23:33 | クッキング | Comments(2)

Rockbound Lake

昨日、Rockbound Lakeというトレイルへ、ハイキングに行って来ました。
それがどこかというと・・・
a0047577_13244144.jpg
え~っ!?ここに登ったって~??
いえいえ、それは到底ワタシには無理~!(笑)
実は、このロックをこんな風に見ることができる場所まで、ハイキングしたってことなのです。
a0047577_13285013.jpg

快晴に恵まれ、トレイルヘッドを出発したのは9:45。
a0047577_133384.jpg
今日は8名の大パーティー。これでは熊も恐れをなして出てこないだろうね~、なんて話しながら登り始めました。このとき、まだ私はこのトレイルがかなりの長丁場とは知らなかった…この看板が光で反射してよく距離が見えなかったのです(^^;
a0047577_1343565.jpg
延々と歩くこと3時間とちょっと。やっと美しい紫がかった濃いピンクのペイントブラッシュが咲き乱れるメドウに出て…間もなくTower Lakeに到着。
a0047577_13493521.jpg
すでにお腹はペコペコだったけれど、ここは最終目的地ではないということで、少し甘いものと水分を補給しただけで、また歩き出しました。Tower Lakeの水際は、透明感があってとっても素敵な色。これを見ながら…最後はちょっと急坂で、すごくキツカッタけれど頑張りました!
a0047577_13541260.jpg
急坂でちょっと足を休めて一枚!
a0047577_13551097.jpg
ふ~っ!Rockbound Lake到着、すでに14:00(><)
a0047577_13582714.jpg
さっそくお弁当を食べ、疲れた足を休め…下山。
目指したRockbound Lakeより、手前のTower Lakeの方が魅力的な色をしていましたが、Rockbound Lakeも、上から眺めると、同じようにきれいに見えるんだって!でも…もうこれ以上、登れませんよ(^^;
半分くらい下山したところから、右股関節に痛みが出て、初めてハイキングが怖くなっていました。
もし歩けなくなったら、人に迷惑掛けることになるし…自分の限界を知りました。
トレイルヘッドに戻ったのは5時。
お疲れさま~~!
今日が最初で最後の…Rockbound Lakeでした(笑)

追伸
[PR]
by canadianlife | 2008-07-21 13:22 | ハイキング | Comments(2)

和食器はなぜ5客組み?

a0047577_1234055.jpg
ブロガー仲間のお一人から「タイトル」にした質問がありました。
和食器のほとんどは5客組みで売られていることは皆様よくご存知ですね。
茶懐石のお道具も、通常5客組みです。

余談かもしれませんが…
私が育った家の蔵には、「男膳」、「女膳」と書かれた木箱が4つあり、各々の箱には10枚づつお膳が収納されています。
汁碗、煮物碗、飯碗も各10碗ずつ。同じく木箱に入って残っています。
その昔、冠婚葬祭は全て自宅で行われていたので、旧家には今でもその時に使っていた器が残っているのです。
男女各20組、40名の用意があれば、ほとんど間に合ったのでしょう。
器はほとんどが5客組単位であったけれど、それを何組かその家族や親類縁者の数によって所有していたのでしょうね。

明治、大正、昭和と、時を経てきた器は、幾度となく使われたであろうに、そのつどきれいに洗って拭きあげられたのでしょう、金蒔絵が少し薄くなっているような気はしますが、ひび割れもなく絹布に包まれてきれいに残っています。

和食器の元の単位は5組、というのは間違いないところですが、実際は「5組の食器」を何組かまとめて注文し、受注先から、10組づつ、中味に合わせて作られた木箱に入れられ、注文主に届けられたと推察します。
a0047577_12201714.jpg
では、ご質問の、「和食器が5客であった理由」を、ウエブサイトで検索してみると、色んな解釈がありました。
私がその解釈のいくつかを選び出してみました。
根拠は、その昔茶道の先生から教えていただいたことを思い出しながら…。
このほかにも正しいとされる『説』があるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

和食器はなぜ5客組み?
[PR]
by canadianlife | 2008-07-20 12:01 | 茶道 | Comments(6)

『茶の湯を楽しむ会』7月の集い

a0047577_10544921.jpg
先月の集い」から早1ヶ月。
今日は2回目の茶の湯のお稽古…。昨晩、お稽古道具を選びました。
涼しげな「蛍袋」をイメージしたガラス製のお水指。塗り蓋にあしらわれた「貝」が気に入り、神戸の茶道具店で求めたもの。
a0047577_14434199.jpg

主茶碗は宇治・炭山で見つけた平茶碗。
薄茶器は利休型の朱塗りのお棗、宝尽く蒔絵。蓋裏にもちょこっと蒔絵がついています。
お茶勺は、その昔、大徳寺・大慈院から頂戴したもので、ご銘は『一期一会』
そして、替え茶碗は清水焼で、黒地にパッと散る花火の絵。
京都、清水焼団地の陶器市は8月上旬。
日傘なしでは歩けないほどの猛暑の中、歩き回って見つけたこのお茶碗。
お値段はヒ・ミ・ツですが(笑)お茶のグリンがとても映えるので、お気に入りです!
a0047577_14445169.jpg

今日も、お花はS邸から。毎週お庭の花々を見せていただいていますが、毎年、種が落ちて自然に咲くそうで、いつもお庭は花いっぱい(^^)v

お菓子は、先日ありがたくも虎屋の羊羹を戴き、涼しげに見せようと、バカラのお皿に盛ってお出ししました。
a0047577_14523081.jpg
スモークサーモンとチーズを盛り付けるのも宜しいのですが、青竹のお箸を添えて羊羹を配すると、不思議と「和」の世界に通じるのです。

今日は、いつもお花を戴くAさんとMさんご夫妻にもお声を掛け、夫も仲間入りしてたっぷり7碗の薄茶を点てました。
お抹茶は、京都・一保堂の『若松の昔』、本当はお濃茶で、最高級品!でも、このことはお客様には伝えていません。
言うと、プレッシャーで「美味しい…」と言わされるのは可哀相ですから。
自然と、『あ~美味しい一服でした!』と、言っていただけるように、お茶をお点てするべきですからね…。

今日は、ビギナーのYukiちゃんに『袱紗捌き』の特訓!
来月のお稽古から、いよいよお点前のレクチャーに突入です。
あ~、早くYukiちゃんが点ててくれた薄茶を戴きたいと願いつつ…今日もついに「ご自服」で薄茶が飲めなかったcanadianlifeでありました(^^;
[PR]
by canadianlife | 2008-07-19 09:26 | 茶道 | Comments(7)

old man luedecke

ダウンタウンにあるCommunitea Cafeで、『old man luedecke』のコンサートを楽しみました。
会場となるCafeに、8時半到着。開演は9時…というので、ワインを飲みながら待つことに。
席は…まだ誰も来ていなかったので「かぶりつき」をゲット!
午後9時から始まるかな~と思いつつ、9時になってもはじめる気配なし…
待つこと15分、客席もほぼ満席になったところで、やっとバンジョー弾きのご登場。
a0047577_14244924.jpg
軽やかに歌うold man luedecke。
恥ずかしながら、バンジョーという楽器を初めてじっくりと観察。
5弦ですが、一番低音?のチューニングがネックの途中についています。
弦楽器に詳しいTadさんに聞くと、昔バンジョーは4弦だったのが、近代になって5弦になったのだとか。
それで、5弦目はネックの途中にチューニングが付いたというわけ!?
演奏の一部をコンパクトカメラのVideoに収めてみました。



途中休憩が15分ほどあり、old man luedecke氏は後半はビールをちょこっと飲みながら、益々軽やかに歌い続け、終演は11時。
a0047577_14355464.jpg

前売り$8、自宅で食事を済ませ、気軽に聴けるこんなミニコンサートを、今夏はまだ何度か楽しむことが出来そうです。
[PR]
by canadianlife | 2008-07-16 23:03 | カナダ・ライフ | Comments(2)

Vermilion Lake & Mt.Rundle

「あおままさん」のリクエストにお答えして…
Vermilion LakeとMt.Rundle~!
a0047577_4565497.jpg
撮影は2008年6月12日14時ごろ。
この頃はまだ雪がたくさん残っていますが、現在はほとんど消えてます。
こちらの画像、CRPからご提供いただきました(^^)
[PR]
by canadianlife | 2008-07-16 05:03 | ロッキー・ライフ | Comments(4)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
クッキング
グルメ(Canada&NY)
グルメ(Japan)
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title
京都

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧