カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

Jさま 昨日は長電..
by Taeko Yanagida at 08:48
Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
more...

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2日間ほど、雨が降ったり止んだりが続きその後…
a0047577_238547.jpg
雲のきれ間からのぞき始めた遠くの山々。オフィスからちょっとズームで撮ってみた。
あ~、雪を被ったカナディアンロッキーって、何て素敵なんでしょ♪
[PR]
by canadianlife | 2007-08-30 02:55 | ロッキー・ライフ | Comments(6)

秋の気配

8月25日、デッキから見たMt.ローレンスグラッシー。
a0047577_142974.jpg
今日はオフィスが4時終わりだったので、LOVEといつものベンチランズのお散歩コースへ。
a0047577_14171973.jpg
8月上旬まで咲いていたワイルドローズも、いつの間にか結実してローズヒップに変身している!あららっ、ナナカマドもすっかり実が赤くなっているじゃありませんか!?
a0047577_14202935.jpg
初冠雪のあった日くらいから周囲がにわかに秋めいてきていることに気付かされます。
a0047577_14213056.jpg
あ~、後2ヶ月もすると、またロッキーの山々はすっかり雪景色。短い『秋』の風情をせいぜい楽しむことにいたしましょう。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-27 14:25 | カナダ・ライフ | Comments(4)

Canmoreのゴルフコース

3連休2日目。以前から気になっていたキャンモアのゴルフクラブ。今日、やっと18ホールを、長年会員であるH氏とご一緒に回ってみました。もちろん、プレーはしませんでしたが…。
a0047577_14172382.jpg
まず、こんな景色からスタートです!何て素晴らしい環境なんでしょう!7年待ちでも会員になりたいと、この瞬間に思ってしまいました(笑)
a0047577_14202234.jpg
17番ホールからの景色はスリーシスターズ。

実は私、日本ではプレーしたことがありません。その昔(15年前?)オレゴンの市営クラブでハーフだけプレーした経験があり、その頃はクラブも借りて20ドル。今のキャンモアはハーフは40ドル、18ホールならローカル割引で68ドル(カートは別)ということで、日本と比べるとこの環境でこの費用は絶対にありえない!入会金は、永住権を持ちキャンモアに住んでいれば地元の人と一緒の料金。

適度にハイキングで足腰を鍛えるつもりですが、なにせ股関節に致命的な障害を持つ自分としてはあまり登り下りのハードなハイキングができないとなると…ゴルフの腕前は別として、シェプアップにもかなり効果的かも…?!ロッキーではゴルフはたった5ヶ月間だけの楽しみですが、テニスと違いゴルフは個人競技だし、一打に集中することで自己マインドコントロール(ポジティブシンキングが大切…じゃない?)も出来るなんて、チームワークプレーの苦手な私にはかなり向いているのかも知れません。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-23 14:38 | カナダ・ライフ | Comments(1)

The Jasper string quartet

8月20日、午前11時30分に始まった『The Jasper string quartet』のメンバー4人の演奏風景。
a0047577_14212963.jpg
一体ここはどこだと思いますか?なんとバンフ・サルファーマウンティンの頂上です。
a0047577_14225366.jpg
麓からゴンドラで5分。一気に 2,281m (7,486 ft) 上がったところでの演奏会。居合わせた人々は、演奏が始まったときは「一体何なの??」という反応でしたが、すぐに若い演奏家達の熱演に魅了され一曲終わるごとに大拍手!私達は地元新聞でスケジュールを知っていたのでわざわざでかけて行ったのです。
a0047577_14342013.jpg
彼らはロッキーに滞在中、積極的に演奏活動をしており、今後のスケジュールは文頭のリンクで確認できます。ホテルや銀行のロビー、なんとNTAのオフィスのあるバイソンコートヤードなど、神出鬼没(笑)で名演奏を披露するそうですから、機会があれば是非聴いてあげてください。ヴァイオリンの丹羽さえさんは茨城出身の日本女性。嬉しいですね、これから広い世界で活躍する日本の若いミュージシャンにこんな片田舎でめぐり会えるなんて(^^)
a0047577_14411146.jpg
サルファーマウンティンのゴンドラに乗るには通常25ドルの費用が掛かるのですが、キャンモアやバンフに在住している、またはバンフで働いている人は無料で乗せてくれるのです。今回はお友達を誘って…ちょっと寒かったので暖を取るためカフェに入ったら偶然メンバーの皆さんと出会い、少し世間話をして、記念写真を撮らせていただきました。私達がバンフセンターのMusic Loverのメンバーだとわかって4人ともとっても気さくに接してくれました。これから益々活躍して行く4人を大いに応援したいと思います。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-22 14:23 | カナダ・ライフ | Comments(6)

個人レッスン

バンフのとある個人の住宅で「ジェリードバナーヌ」の作り方をレクチャーいたしました。無事講習が終わった後、こんなものをご馳走していただき、大感激~(^^)v
a0047577_1372579.jpg
なんと、くるくるひっくり返して焼いてくれたのは息子のTくん。
a0047577_1314683.jpg
出来上がりはこんなに立派な「たこ焼!」秘伝の粉の配合で作った出汁と立派な「たこ」が入った「本格たこ焼き」は、関西在住の長い私にもかなり美味しかった!本当に本当にごちそう様~♪
お腹が一杯になった後は、7時30分からバンフセンターへクラシック・コンサートに。
いや~、ホンマに充実した一日でした。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-20 13:15 | クッキング | Comments(4)

Lake O'hara

BC州YOHO国立公園にあるLake O'hara。行きたい日の3ヶ月前に予約を入れなければ入山するバスの座席が取れないほどの超人気ハイキングスポットです。
a0047577_1513510.jpg
一日の入山人数を規制しているレイクオハラ。駐車場からレイクオハラのトレイルヘッドまではシャトルバスでつなぎます。駐車場から23kmを歩いて入山する人は特にパーミットは必要ないのですが、レイクに着いてからのハイキングの時間と距離を考えると…バスは必須です。
a0047577_13412280.jpg
今日のコースはLake o'haraからYukness Ledge Alpine Routeを通りLake Oesa、Opabin Lakeへ出て、O'haraへ戻る、全長14km。途中、日本ならきっと鎖場になっていると思われる岩場の上り下りもあり、各ポイントから見下ろすレイクや氷河を抱いた山々の迫力派それは見事。ダラダラと起伏の少ないところを歩くより、岩場の所々に付けられたトレイルを示す小さな目印を探しながら岩登りするのはなかなか面白く、林間コース、崖っぷち歩き、といろいろありで、結構バラエティーに富んだトレイルは歩き終えるとすごく満足感があります。ここがレイクオハラの魅力なのかも知れませんね。
a0047577_15162814.jpg
昼食を取ったレイク・オエサ。少し離れたところにいたカップルを後ろから撮ってみました。こんな素敵な雰囲気の中で恋人同士語りあったら…まとまらない話もついまとまってしまうような(笑)気がします。
a0047577_13445658.jpg
途中の低木のあるところではターミガンの親子に出会いました。子供達が大きくなってピーピー鳴きながら親鳥のそばから離れて歩き回るので、お母さんは気が気じゃない様子。でも、人間を怖がらず、そばを通っても逃げたりしないのにはちょっとビックリ。
a0047577_1354220.jpg
ガレ場を上がって、また可愛いシマリスに出会いました。人の足元をチョロチョロ動き回ります。
a0047577_1351513.jpg
レイク・オパービン。どの湖も青い空を映して美しく、深い湖水の色をみていると吸い込まれそう…。レイクオハラには立派なメインロッジがあり、食事は一流ホテル並。レイク周囲にはすべてが湖に面して建てられている可愛いコテージが点在。宿泊客はの~んびり本を読んだり、チェスをしたり…高額な宿泊費が掛かるので殆どがご年配に人たちのようでしたが、何もしない…優雅な休日を皆さん楽しまれているようでした。ここはアシニボインと違って各コテージに水洗トイレがあるということ。メインロッジでは、宿泊客以外の人でも3~4時、9ドルで豪華なアフタヌーンティが楽しめるのも嬉しい。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-16 15:17 | ハイキング | Comments(0)

初冠雪!

11日、朝10時のスリーシスターズ。Big Sisterに初冠雪~!
a0047577_15123040.jpg
昨日降った雪ですが、ずっと厚い雲に隠れていたのでやっと今朝、雲が上がり始め確認することができました。一昨晩かなりの量の雨が降り、気温が急に下がっていたので『明日は雪かも?!』という予感がしました。
a0047577_1515848.jpg
予感は見事的中。通勤途中で見るカスケード。頂上はやはり白い!
a0047577_15163354.jpg
オフィスの窓から見えるバンフを囲む山々にも、どっさりと初雪が!夏山も、ロックが際立って、とても雄大ですが、私はやっぱり雪を被った山々の方が好きですね。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-12 15:18 | ロッキー・ライフ | Comments(16)

Montanaの風に吹かれて☆その2☆

モンタナ2日目、原田夫妻の先導で山に入り、朝10時からハックルベリーピッキングを開始。
a0047577_14325824.jpg
ブルーベリーを一回り小さくしたようなハックルベリー。
a0047577_1436758.jpg
道端の低いブッシュに入って採って行きます。虫もいないし、爽やかなモンタナの風に吹かれて何とも気持ちの良いベリーピッキングです。
a0047577_14394865.jpg
2時間、みんな真剣に作業をして、お昼はモーテルのキッチンで作ったサンドイッチを食べながら大休憩。デザートのスイカを見つめるLOVEの目は真剣です(笑)
a0047577_1442074.jpg
原田家のカンタとハルもLOVEと一緒で、スイカ大好き!

今夜は、原田夫妻が7月下旬にアラスカに行って釣って来たというサッカイ・サーモン(身が濃いピンク!)をいろんなお料理にしてご馳走してくださいました。a0047577_1447225.jpga0047577_14473911.jpg
サーモンマリネと筋子の醤油漬け、ほかに、自家製の燻製も最高!

今回収穫したハックルベリーは約4kg。3日目はウエスト・グレーシャーを通過して帰宅。すぐに洗って、真夜中までかかってJamとフルーツ・ソースに変身させました!
a0047577_1515766.jpg
500gづつに分けて…
a0047577_1522935.jpg
ベリー自体にかなり甘味があるので、お砂糖はベリーの10~15%で充分でした。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-12 14:51 | 旅(北米・Asia) | Comments(2)

モンタナの風に吹かれて☆その1☆

昨夏、夫だけ体験したモンタナのハックルベリーピッキング。今夏は私とLOVEも一緒にモンタナの風に吹かれながら楽しんで来ました!
a0047577_1585012.jpg
キャンモアからモンタナまで約800kmの道のり。車でボーダー(国境)を超えるのはこれで2度目。昨年6月14日、永住権を有効にするために一度カナダ国外へ出て再入国する必要があったとき、カナダ・ブリティッシュコロンビア州からアメリカ・アイダホ州のKings Gateというボーダーを通過し、そこに駐在していた入国審査官に認証してもらい、めでたくPermanent Residence(永住権保持者)になったのでした。
a0047577_15311572.jpg
USボーダーでは通過する全員が建物の中に通され、一人づつ両手人差し指の指紋と顔写真を撮られVISAの代りにI 94という、保持者は3ヶ月以内はVISAなしでアメリカに滞在を許されるというブルーのカードに個人情報を記入、係官がハンペラをパスポートにホチキスで留めてくれ、6ドルの手続き料を支払い、やっと入国OKとなります。混み具合にも寄りますが一人15分程の所要時間が必要です。このカードは3ヶ月間有効なので、その間何度かCanada⇔USAを往来する人は期限内はもう審査を受けることなくUS側へ入国出来ます。

去夏、夫は友人ご夫妻と一緒に通過し、キッチン付きホテルで食事を作るため食料をあれこれアイスボックスに入れていたら、卵やお肉、ハムは没収だったとか。今年は用心してUS側に入ってからマーケットで買うことにして何も持っていかなかったのに、特にチェックは無かった!昨夏とは通過したゲートが違ったのですが、一貫して行われているというわけではないことが判明。

モンタナ州に入りHungry HorseにあるペットOKのモーテルでチェックインを済ませ15分ほど先のWest Glaclerに住む写真家・原田純夫さんのご自宅へお邪魔しました。原田さんは同行のS夫妻と長く親交を深めている方で、カナダへ来る数年前から夫が密かにHPを発見し憧れていたカナディアンロッキーの動物を追ってすばらしい写真を撮っているプロフェッショナル。まさか、キャンモアで私達が親しくさせていただいているS夫妻のご友人などとはつゆ知らず…。 

’07お正月、原田一家はキャンモアのS家でお正月を過ごされたので一度我が家へ夕食にお招きしたり、元日には友人宅でご一緒にお雑煮を戴いたり…とすっかり打ち解けていたので、今回の再会はベリーピッキング以上に楽しみにしていたことでした。今回、彼らが最近買い求めたという国立公園に隣接した1万2000坪の広大な土地に完成したかわいいコテージも拝見。「母屋」はお友達の建築家と相談しながら、これから自らも建築に携わって、大きな大きな森の中にご夫婦二人の終の棲家を建てて行くのだそうです。この続きはまた明日…。
[PR]
by canadianlife | 2007-08-10 15:09 | 旅(北米・Asia) | Comments(0)

あっという間にまた1週間!

久しぶりにLOVEちゃん登場!
a0047577_1040840.jpg
先週はタフな1週間だった…。今週は、お天気にも恵まれ、長年同じテニス倶楽部で親交の厚かったA夫妻が、キャンモアにステイしてゆっりしたいと遥々神戸から2週間の予定でロッキーにやって来て、ご近所のホテルに滞在中。日本から懐かしい食材を一杯抱えてのロッキー訪問で、我々は大感激~!

写真家として、ダウンタウンのレストラン『峰』にギャラリーまで設けてもらっている夫のプロフィール写真が必要になり、お気に入りのベンチランドに行ってCanadianlife自ら、夫を撮りまっくってみたんですが…いかがでしょうか??
a0047577_1049557.jpg

[PR]
by canadianlife | 2007-08-05 10:51 | カナダ・ライフ | Comments(2)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
クッキング
グルメ(Canada&NY)
グルメ(Japan)
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title
京都

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧