カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40
妙子さま 昨日はバンフ..
by canadianlife at 10:21

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ドイツ料理?!

ハイキング仲間のMちゃんとハンツのお家へディナーにご招待していただく。ハンツはドイツからの移民で冬場はヘリスキーのガイドとしてBC州にあるロッジに滞在、夏は母国ドイツで格難易度の高い山専門の有資格者ガイドさん。オフの時期にはキャンモアのお家でのんびり?趣味のカヤック造りを楽しんでいる。MちゃんもAB州公認のハイキングガイド…なので私達はいつもプロと一緒にハイキングできるというラッキーなご身分。初めて戴くドイツ料理は…スープ。茶色のスポットはシードオイル。何のシードか忘れちゃった(^^;
a0047577_1531335.jpg
同じくお招きを受けたH夫妻と4人でスープをすすってみると…??なんか懐かしい味がする!?ハンツに聞くとな~るほどと納得。不思議な味のスープの正体は何と昆布出汁と隠し味にお味噌を入れたかぼちゃ(スクワッシュ)のスープに松の実をちらした日独のコラボレーションだった(笑)続いて出てきたのは…
a0047577_15351265.jpg
手打ちパスタ。無漂白小麦の平打麺で、いろんな野菜と一緒に茹でて器に盛り、シュレッド・チーズをトッピングし、ほんの少しオーブンに入れチーズをトロッと溶かして出来上がり!美味しくて、和食党の夫までお代りしてた!(笑)
a0047577_15445084.jpg
グリルド・ポークも出てきたけれど、ハンツ自身はお魚しか食べない。デザートはティラミス!マスカルポーネチーズとほろ苦いコーヒーを染ませたビスクがよくマッチして大人の味を出している。
a0047577_1611696.jpg
右横は私のお持たせデザート。こちらも評判よくてホッ(^^)〆はこのカプチーノ!
a0047577_1550458.jpg
見てください見事な泡立ち!こんなに きめ細やかでしっかりとした牛乳の泡が立っているので最後までフォームをスプーンですくって食べることが出来る。このワザは是非教えてもらいたいものだ!!
[PR]
by canadianlife | 2007-04-29 15:17 | クッキング | Comments(2)

通勤もまた楽しからずや

キャンモアの自宅を出てバンフのオフィスへ歩いて3分のところにあるパーキングまでちょうど20分。その間、私は毎朝カナディアンロッキーの勇姿に感動しながら運転している。
a0047577_10304513.jpg
正面にカスケード・マウンテン、サイドミラーに写るマウント・ランドル。国立公園の中を突っ切るトランツ・カナダ・ハイウエイの両側に点在する草原ではエルクの群れがようやく生えてきた草の新芽を一生懸命食べている。曇っていても、雨が降っていても、もちろん快晴でも…大自然が見せてくれる雲や光を眺めながら車を走らせる。もっとドライブしていたい…と思うくらい、あっという間にバンフ到着。12時間無料で止め放題のパーキングも土地が広~~いカナダだから(笑)
[PR]
by canadianlife | 2007-04-28 22:26 | オフィスライフ | Comments(6)

ホテル主催の研修会に参加

カナディアンロッキーでもっと人気が高いホテルの一つ、フェアモント・シャトー・レイクルイーズが主催した日本の業者向け(ガイドを含む)研修会に参加。日本からのツアー客がいかに彼らにとってビッグマーケットなのかがこの特別企画でも理解できる。
a0047577_0303280.jpg
こちらはゴールドフロア(旧館7,8階)にあるデラックスタイプの部屋から見た景色。
a0047577_14575852.jpg
レイクルイーズとビクトリア氷河が真正面!こんな景色を独り占めできるこのお部屋の宿泊料金は…ツアー客が泊まる部屋の倍額はする!…が専用エレベーターで上がるゴールドフロアの特徴は一般の宿泊客とは違い、7階にチェックインカウンターが設けられ待たされずにすむ(^^)
a0047577_0513584.jpg
宿泊客は専用のレイクビュー・リビングルームに用意されたアフタヌーンティを楽しみながらくつろぐことが出来る。夕方になるとサイドテーブルにオードブルが並び、ここはバーラウンジに変身とのこと。また朝食時にはこのフロア専属のシェフが美味しいオムレツをお好みに合わせて作ってくれる。夕食以外の軽食、朝食、飲み物(アルコール類は有料)はお部屋代に含まれている。
a0047577_0592459.jpg
高級ホテルには必ずいるコンシアージュ、ゴールドフロアには日本人女性のコンシアージュがいる。完璧な英語と日本語でレストランの予約をしてくれたり、レイク周辺の見所など丁寧に案内してくれるので…ワンランク(いえ、ツーランクかな?)上のサービスがほしい方にはお勧めプレイス。
a0047577_285494.jpg
この部屋は新館のレイクビュー・デラックスルームでクーラー付。
a0047577_943071.jpg
基本的にバンフやレイクルイーズは高級ホテルでもクーラーは「ない」と思うべし。暑いと思う日はほんの2,3日、それも日中だけだから。

ホテル側から1時間半程の本年度の添乗員付ツアーや部分的にガイドのついた旅行社申し込みのお客様(FIT)の対応について話があり、ガイドや業者側との質疑応答のあと、館内にあるレストラン、客室など、使用する全ての施設を案内してくれる。シャトーの場合、夕食はホテル内で済ませることになる。日本からのツアーはあらかじめコースメニューを決めているので、最後はセットメニューの中から何品かを「試食」。
a0047577_1340128.jpg

どのメニューも日本人似合うように工夫され、ポーションも小さめ。
a0047577_13525948.jpga0047577_13533331.jpg

a0047577_1421385.jpga0047577_1417976.jpg
デザートは甘すぎず日本人好みに出来ている。

同系列のバンフ・スプリングス・ホテル出発に比べコロンビア大氷原へ行くのに1時間ほど近くなるのと、素晴らしいレイクビューがあるため、ここに泊まるツアーは夏場大人気となる!
私的には、人が少ない冬場、レイクビューの広めの部屋に泊まりたっぷり雪を被った美しいビクトリア氷河を眺めながら2、3日の~んびりと過ごしてみたい気がする。
[PR]
by canadianlife | 2007-04-23 22:25 | オフィスライフ | Comments(4)

ある晴れた日の出勤風景

朝7時25分に家を出て、トランツ・カナダ・ハイウエイを通ってBanffのオフィスへ出勤。キャンモアから約5分走るとバンフ国立公園のゲート。このゲートでは通常Park Pass(国立公園に入るときに課せられる料金・大人1日$8.90)の支払いをし、そこからは制限速度90km。国立公園外ではハイウエイは110kmで走ることが許されています。またキャンモアからバンフに通勤する人は雇用機関の証明書を見せると無料の通行証(1年ごとに更新)を交付してくれます。
a0047577_152397.jpg
Banffに向かって走ると正面にカスケードマウンティンがで~んと見えています。この山の左裾をぐるっと回り込んでバンフに行くのです。バンフ市内が近くなると我が家の正面に見えているMt.ランドルもこんな風に姿を変えます。
a0047577_15145350.jpg
バンフの町に入ると制限速度は40km。スロ~なドライブでパーキングまで行きます。今利用しているパーキングは4階建て。
a0047577_15333239.jpg
1~2階は3時間まで、3~4階は12時間無料で誰でも駐車できます。ここからオフィスまで歩いて3分。オフィスに向かう大通りの名前がBear Street。この通りの北の真正面に見えるのがカスケードマウンティン。
a0047577_15352421.jpg
もちろんオフィスの窓からもよ~く見えるので、PCばかり見つめていて少し目を休めたい時には、コーヒーカップ片手にしばらく「お山」を眺めては癒されている私です。
a0047577_15302242.jpg

[PR]
by canadianlife | 2007-04-22 14:54 | カナダ・ライフ | Comments(8)

大事な家族

カナダ犬になって一年。うちのLOVEもすっかりこちらの生活に馴染んでいます。
a0047577_13352378.jpg
神戸のおうちの黒皮のソファがお気に入りの場所で、1人で上がり降り出来ていたのですが、カナダで買った茶色の皮のソファは背が高すぎて1人じゃ上れません。夫か私が座っている時、一生懸命しっぽを振って上がりたい!ってアピールします。抱っこして上げてもらうと…
a0047577_1339231.jpg
ソファに寝転んでTVを観ている夫の上に乗って来て、とうとうこんな格好になります…
a0047577_13404767.jpg
誰もソファに座っていないと…フロアでお昼寝用の枕に身をゆだねて、こんな感じ。
a0047577_13572418.jpg
車に乗るのが大好きなLOVE。お父さんのお膝でずっとおとなしくしています。彼女の目にはカナディアンロッキーはどんな風に映っているのでしょう…。
[PR]
by canadianlife | 2007-04-22 13:32 | わんこ | Comments(15)

休日の朝

夫の好物、グルメクロワッサンのデニッシュ。カスタードクリームが美味しい!
a0047577_141257.jpg
スキーに行く時や、カルガリーへ出かけるとき、時々ここで朝食をとったりサンドイッチをピックアップしたり。私たちのお気に入りのベーカリーです。ここのクレープがまた
美味!チーズやハム、野菜入りは甘くなくランチにぴったり。生地は漂白した小麦粉で焼くものと無漂白の雑穀入り小麦粉で焼くものとあるのでヘルシー嗜好の方にも
好評。もちろんデザート用の甘い方のクレープも美味しいですよ!私は今日、初めてキッシュ(スモークサーモン入り)を試してみました。
a0047577_113281.jpg
朝焼きたてのものですが温めなおして出してくれます。中はふわふわでフレンチ~!
って感じ。オーナー夫妻はフランス人です(^^)お店は以前にもご紹介していますが、こんな感じ。
a0047577_114573.jpg
広い店にはテーブルの他に、座り心地の良いソファもあり、ここでゆっくりコーヒーを飲みながら編み物なんかしている人もいて…。お店の中から窓越しに見るMt.ローレンスグラッシーやMt.ランドルがまたすばらしい!私なら余裕でボ~と2~3時間は
平気で座っていられそうです(笑)
a0047577_1212548.jpg
夏は外のテラスで日光を浴びながらお茶したりランチしたり。外でならLOVEも一緒に過ごせますからここまで一緒にお散歩に来れます。自宅からのんびり歩いて15分かな。
[PR]
by canadianlife | 2007-04-20 23:02 | グルメ | Comments(2)

デイ・オフ

2日間の勤務を終え、今日、明日はDay off (休日)さっそく一息付かせてもらえて…本当にありがたいです(^^)
昨日のバンフは夕方から雪混じりの雨。今朝はキャンモアも小雪が舞い、お山は雲に隠れて全く見えません。夫の所用でお昼前から一緒にカルガリーへ出かけましたが、こちらも強風とみぞれ交じりの雨でした。
a0047577_13485348.jpg
私が仕事で出かけている間、LOVEはこんな感じで待っているのだそうです。夫がPCデスクで画像の編集をしているときは、その足元で…。
彼女、夜は夫と私のちょうどまん中でお腹を上にして寝言まで言って深い眠りについています。なぜ眠りが深いってわかるのかって?夫か私がトイレに起きても全く反応がなくそのままの姿勢で寝ていますもの(笑)そんな警戒心のない’わんこ’って他にいるのでしょうか?!(爆)

昨日オフィスでこなした仕事の一つは…NTAカナダのホームページ内で各支店が順番に担当しているBlogのお当番。「バンフ四方山話」というところで、とっさに思いつくトピックスもなかったので簡単に自己紹介をしてみました。初めはしゃないBlogと思い本名を名乗ったのですが「誰も実名をだしていない」というバンクーバー支店のBlog編集長のご指摘で、その部分を急いで取り消し(^^;
そこにも書きましたが、かっこいい英語の名前を思案中なんですが、なかなかしっくり来る名前が見当たらず…只今募集中です。参考までに、オフィスの先輩はAltacia(アルテイシア)と名乗っておられます。
[PR]
by canadianlife | 2007-04-19 13:58 | カナダ・ライフ | Comments(4)

初出勤

Banffへ初出勤。
a0047577_13544953.jpg
今日からBanffにあるオフィスでの勤務が始まりました。私にとって旅行業界での仕事は初めてではありませんが、何しろ随分現役からは遠ざかっていたので…不安いっぱいでした。
画像はオフィスの窓から見えるカスケードマウンテン。ガラス越しなのであまり状態の良い画像ではないのですが、ふと外を見るとこんなに素敵な景色が眺められる環境とは嬉しいです!

オフィスのボスはSさん。こんな私を快く採用してくださった太っ腹な方です(笑)私の業務の先生役は在Banff7年のMさん。元PCのインストラクターだけあってPCのスキルはすご~い!その上テキパキと業務をこなす人。私のドジにもすぐにフォローが入り何とも頼りがいある方。どうやら私はいつも周囲の人に恵まれて仕事が出来る星の元に生まれているらしい(^^)v
[PR]
by canadianlife | 2007-04-16 22:53 | カナダ・ライフ | Comments(10)

ベンチランズ(お散歩道)のクロッカス

ベンチランズからMt.ランドルとスリーシスターズがこんなにきれいに見えます。
a0047577_130271.jpg
a0047577_1401843.jpg
LOVEを連れていつもお散歩するベンチランズは我が家の真北に位置し、殆ど100~200万ドル以上の高級住宅が並んでいます。小高い丘になっているため南に面した遊歩道からはキャンモア市内が一望できる最高の場所!もちろん、とても日当たりが良いのでプレーリークロッカスがいち早く芽を出す場所でもあります。
a0047577_1433575.jpg
つい先日はこんなだったのに、今では…
a0047577_1442493.jpg
まとまって咲いているものがあって可愛いこと!
a0047577_1453599.jpg
花弁の色もこんなに違う…
a0047577_148661.jpg
私が地面すれすれにカメラを構えてクロッカスの写真を撮っていると「これって美味しそうなものなの?」とLOVEが臭いにきました(笑)
a0047577_150891.jpg
次はどんな草花が咲くのでしょうね。
[PR]
by canadianlife | 2007-04-13 01:28 | カナダ・ライフ | Comments(4)

評判の良いデザート

いつ作っても評判の良い私のデザート。今夜はちょっとおしゃれして…。
a0047577_0484062.jpg
上の部分はホワイトワインのジュレにバナナを敷き詰め、下の層はカスタードムース。どちらにもレモンを効かせているので、さっぱりとしたテイストが大変好評。オーブンを使わず、手順よく使う材料を準備しておけば片手鍋1つで出来る優れもの!20年前に知ったレシピで「ジュレ・ド・バナーヌ」と言うらしいですが「あなたの作るあれが食べたいわ~っ!」て言ってもらえるとルンルン気分で作っています。
a0047577_112611.jpg
これは夕食に作った豚フィレを使ったカツカレー。「なに?こんなの誰でも出来る料理じゃない」とお思いでしょうが…まあ聞いてください(笑)
カナダ(ロッキー?)では日本のようなパン粉が手に入らずパンの端っこを冷凍して貯めておき、おろし金で細かくして使うしかなく、それを衣に使って油で揚げると早く焦色が付いてしまいちっとも美味しくない…なのでだんだんディープフライを作らないようになっていました。ところが!先日ご近所に住む日本人の方からたくさんの生パン粉(冷凍)!を戴き、さっそく使ってみたところ、このように普通のカツが出来ました!このパン粉はBC州レスブリッジというところでやはり日本人が業務用に作っているのだそうです。日本では「ごく普通」のものがこちらではとっても「有難い」今日この頃。
[PR]
by canadianlife | 2007-04-13 00:26 | クッキング | Comments(4)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
グルメ
クッキング
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧