カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40
妙子さま 昨日はバンフ..
by canadianlife at 10:21

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
more...

<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

10月31日 カナダ永住をめざして

a0047577_2216540.jpg
       
AB州キャンモアを代表するカナディアンロッキー
「Three Sisters」と名づけられている。私達夫婦が最も愛する山               
2005/7/10 Photo by Junko

夫が長年夢見ていた「カナダ゙で暮らす」に向かって本格的に行動開始したのが今年の3月。
4月~5月、申請手続きに必要な書類集め。
6月下旬、カナダ永住 VISA 取扱弁護士代理事務所を通じてマニラの移民局へ申請書類を提出しました。

それから待つこと2ヶ月半、申請書類が正式に受理され「受理ナンバー」が知らされました。
そして、また待つこと6週間目の今日「面接免除と健康診断書提出の指示」を伝える文書が届きました。
あと一息…です。
[PR]
by canadianlife | 2005-10-31 22:43 | Comments(0)

10月30日 テニス日和

a0047577_23443997.jpg今日も晴天。でも、休日はゆっくり寝て…9時ごろお洗濯物を干していたら夫が起きてきたので朝食。夕方から映画を観に行く約束をして11時ごろテニス倶楽部へ送って行きました。
布団を干して、ちょこっとネットを見て、昨夜のえびグラタンとサラダの残り物で昼食。後は3時ごろまで2階で部屋の整理でした。来年2月にはカナダへ行く…となると年内にかなりの持ち物を整理して行かなければ!と慌てる私を横目に見ながらLOVEはリビングの陽だまりで気持ちよさそうにウトウト。今朝は夫が起きて来てソファでごろんと横になりTVを見ていると画像のようにぴったりとくっ付いて離れません(^-^)

映画は新しく出来たハット神戸のシネマズでジョ二ー・ディップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」を観ました。感想は…久しぶりに泣かない映画でした。
[PR]
by canadianlife | 2005-10-30 22:35 | わんこ | Comments(0)

10月29日 ワイン

ナイトキャップ用のワインを買いました。
これで1ヶ月分…かな。ホントですよ(^^;)
毎晩グラス1~2杯いただきます。身も心もリラックスしてからGood Night。
a0047577_13523413.jpg
以前はメルローやピノノアールが好みでしたが、最近ではカベルネ中心のフルボディになりました。産地は…色々試します。カナダも美味しいワインがいっぱい!お酒は結構カロリーが高いのでほどほどにしなくちゃね。(自戒)
[PR]
by canadianlife | 2005-10-29 23:47 | Wine | Comments(0)

10月28日 丹波篠山~三田へドライブ ②

お蕎麦のコースでお腹がいっぱいになり、「ろあん」のある丸山地区から篠山市内へ移動。
本通りの銀行の駐車場に車を止めてちょっとお買い物。この時期、丹波へ来たら絶対に買っている「あくさや」の栗餅を今回もゲット!観光客はなかなか気づかない横丁の奥にあるちっちゃな手作り和菓子のお店です。丹波栗を潰して添加物なしの栗餡を作る為あまりたくさんできないそうで絶対にほしいときには予約したほうがいいです。「あくさやの栗餅」は新栗の時期限定です。
a0047577_1972544.jpg
本通りに戻って丹波産の黒豆、小豆、自然薯を買い、純栗羊羹で有名な老舗「石垣」で薄茶によく合う「栗納豆」のお徳用(ワレといわれるものです)も100g程ですが必ず買います。年中販売されていますが新栗の出る今の時期のものは特に美味しく感じますね。
a0047577_1981969.jpg
篠山の町を後に中国道・丹南インターから三木東まで直行すれば40分ほどで神戸ですが、ちょっとお茶して帰ろうということになり、丹南の次、三田西インターから三田の町へ。閑静な住宅街ウッディータウンの一角にイギリス駐在経験のあるご夫妻が趣味で始められた「Rosemary」があります。
a0047577_19211788.jpg
イングリッシュスタイルの店内入り口付近にはステーショナリーやテーブルウェア、インテリア小物なども可愛く並べてあります。趣味が高じて…というだけあって営業は火曜日~土曜日だけ。(ついこの間まで水曜日~土曜日でした)
いつも5~6種類の手作りケーキが並びランチタイムには日替わりのランチセットやアフタヌーンティーセットも人気のようです。今回はお蕎麦コースでかなり満腹状態でしたが、ショーケースの中を見るとやっぱりケーキが食べたくなって…。夜はお茶漬け~♪なんて夫を無視したジコチュウな妻になりました(笑)
a0047577_19341935.jpg

[PR]
by canadianlife | 2005-10-29 17:52 | グルメ | Comments(0)

10月28日 丹波篠山~三田へドライブ ①

a0047577_22362699.jpgお友達を誘って、なかなか予約の取れないお蕎麦屋さんへ行ってきました。今回は2週間前に電話したらOKでした。篠山市内から15分ほど田んぼの中を走って、この先はもう行き止まり?!という細~い道を通り抜けるとまた田畑が広がり、その先にぽつんと一軒家が見えて来ます。そこが「ろあん松田」。
コース仕立てになっている「蕎麦ひとそろえ」をいただきました。

a0047577_23375114.jpgあぶりイチジク・蕎麦ソースがけ
 
a0047577_2245101.jpg前菜12種
丹波の秋の味覚がいっぱい!

a0047577_2249312.jpg里芋と焼きシイタケの煮物

a0047577_2252141.jpg1番目の蕎麦
島根産・蕎麦の実の部分だけを挽いたそば粉で手打ちした中細蕎麦

a0047577_22592816.jpg蕎麦がき

a0047577_22592696.jpg2番目の蕎麦
富山産・蕎麦の実を皮ごと挽いたそば粉で太めに手打ちした蕎麦

a0047577_236498.jpg自家製生麩と山菜のダッタン蕎麦粉揚げ
稲穂の素揚げ添え

a0047577_2310292.jpg3番目の蕎麦
細打ちの手打ち蕎麦。
薬味はおろし辛み大根
好みで山掛け蕎麦にも出来ます

a0047577_23235382.jpgお漬物、そば湯と一緒にいただきます
a0047577_23244547.jpg
                              a0047577_23255359.jpg
自家製くり餅
2回目の訪問だったせいか、前回(今年3月5日)ほどの感動はなかったものの、メインの3種類のお蕎麦はそれぞれに合わせてつけ汁の濃さや甘さを微妙に変えてあり、手打ち特有のコシのある食感がなんとも美味しい。御代は税込4750円也…ちょっと贅沢いたしました。新そば粉で打った蕎麦は12月になると登場するということでした。帰りに立ち寄った篠山市街と三田はまた明日アップしますね。
[PR]
by canadianlife | 2005-10-28 22:17 | グルメ | Comments(2)

10月27日 カルトナージュ・1日講座

a0047577_0143992.jpg

名古屋にある「紙の温度」というお店のアトリエで開かれたフランス在住の  香代子ビジャー先生のカルトナージュ1日講座へ参加してきました。作品は持ち手の付いたキュートな六角形のボックス。中級程度の技術が必要だったそうですが…まだ初心者から抜け出ていない私が無謀にもチャレンジ!結果は、画像でご覧のように一見それらしく出来上がりました。ところが…細かいところがやっぱり技術も未熟だしきっちりとは仕上がっていません。ただ、天使の柄紙がとても可愛くて、表情豊かな作品に仕上がっています(自画自賛)
8時15分新神戸発の「のぞみ」で名古屋へ。初めて地下鉄に乗って、迷子になりそう(いえ、乗り継ぎ路線を間違えて完璧にI am lost…)状態でした。1月、偶然一緒にカルトナージュ教室に通い始めたお友達がご一緒だったので、途中でタクシーに乗り換え何とか開始時間までにお店へ到着しましたが一人だったらっどうなっていたか…。
まっ、最初からちょっとハプニングでしたが、今日は香代子先生のエスプリ溢れる作品に触れることが出来た貴重な一日でした。
[PR]
by canadianlife | 2005-10-27 22:11 | カルトナージュ | Comments(2)

10月26日 カルトナージュって?

趣味として始めたCartonnage(カルトナージュ)は中世ヨーロッパで生まれた手工芸。厚紙をベースに箱やブックカバー、写真立てなど作るもので、元々は製本技術から発展したものだそうです。紙箱としては香水ビンを入れて輸送するため南仏の香水商が考え出したものだということです。フランスでは現在もその技術が伝えらており、たくさんのカルトナージュ愛好家がいらっしゃるようです。
元々お手紙を書くことが好きで紙やカードを収集していた私ですが、TVで偶然カルトナージュを紹介する番組を見て、どうしてもやってみたくて習えるところをネット検索してNHK文化センターの神戸教室を見つけたのです。月1回の講座ですから基本からだと時間がかかりますが、作り方の説明のついた本なども出版されていますで参考にしながら独学?でとにかく時間を見つけて作っています。基本を習得すれば後は応用で、何でも作りたい物を自由にデザインして厚紙に製図しカットして成形していき、好みの柄紙や布を貼って作りあげるのです。同じ形でも組み合わせる色調や柄紙の種類を変えたりすると雰囲気の違う物が出来るので飽きずに楽しむことが出来ます。心を込めて作ったら、さて・・・ 誰に差し上げましょうか(^-^)
a0047577_2121264.jpg
         フォトフレーム  ブック型の箱   四角いトレイ
a0047577_2125770.jpg
               ジャバラのカードケース

a0047577_21252521.jpg
                 ティッシュケース

a0047577_2128087.jpg
                   フォトアルバム

冬の長~いカナダ、マイナス40℃なんて日もあるので…そういう時には暖かいおうちの中でこんなホビーを楽しみます。好きなことをしているとあっという間に時間が過ぎて行くのです。
先日も夫を送り出し、掃除・洗濯が終わって昼食を済ませてから作業に取り掛かかりましたが、つい熱中して…外が薄暗くなっていたことがありました。大慌てでLOVEのお散歩がてら夕食のお買い物へ!こんなに熱心に拭き掃除をしたらもっと家中ピカピカなのにね~(反省してます)
[PR]
by canadianlife | 2005-10-26 21:37 | カルトナージュ | Comments(7)

10月25日 Lunch/三宮

a0047577_2329655.jpg

a0047577_23345669.jpg昨日、お友達(って言ってもいいかしら?)のシャンソン歌手・摩耶はる子さんからしばらくぶりにお電話があり今日は三宮でご一緒にLunchしました。
神戸名物・高架下(JR)の数あるお店の中から最近見つけたというお気に入りの処へ連れて行っていただきました。
店名は《京・おばんざい意屋(こころや)》ご覧のように9種類のおばんざいと塗りの器に引き上げ湯葉、他にご飯と赤だしが付いて1000円也。一見少なそうに見えますが、実際に頂いてみると結構食べ応えがありました。ご飯好きの方、お代わりOKです!カウンター席の前には珍しい焼酎がずらり。そういえばおばんざいはみ~んなお酒のおつまみになりそうなものばかり。夜はきっと居酒屋風に変身なのかしらね。お味も価格も満足のお店でした。
摩耶さん、ご案内ほんとに有難う! 私もバンフやキャンモアの町で美味しいところをちゃんと探しておきますから、お楽しみに~(^^)v

 
[PR]
by canadianlife | 2005-10-25 22:33 | グルメ | Comments(0)

10月24日 はじめましてLOVEです。


a0047577_23221110.jpg
Kitahama家のわんこ「LOVE」12月5日で4歳になります。  


a0047577_2240393.jpg毎日おとーさんとおかーさんに可愛がられて立派に育ち、一昨年3月にはBaby5匹のママにもなりました!

a0047577_22522189.jpg5ヶ月の時の写真です。抱っこしてくれている人はおかーさんの二男Matthewくん。私の娘のシャンティのパパになってくれた人です!(上の画像右から2番目クリームのBaby)

a0047577_22551483.jpg
a0047577_2374320.jpg
どちらも得意のポーズです。
私もカナダへ連れて行ってもらうんです!おとーさんとおかーさんが私と一緒に暮らせる家を見つけてくれました。日本のマンションみたいだけどコンドミニアムって言うんだって。リビングルームに面したデッキからいつもカナディアンロッキーを眺めることが出来るなんて…本当に贅沢だワン。
[PR]
by canadianlife | 2005-10-24 23:13 | わんこ | Comments(3)

10月23日 我が家のお茶席

a0047577_23101915.jpg
明け方少し時雨れたようで、今朝はお庭の山野草がいっぱい露を含んで元気でした。今日は午後から我が家での風炉の季節最後のお茶席…「有馬篭」の花入れにホトトギス、貴船菊、赤い水引草と芒を活けました。

a0047577_2315444.jpg







お軸は東福寺管長・福島慶道老師から直々に頂戴した色紙「心清百事佳」です。
a0047577_2321465.jpg




茶器は秋草と月の絵が施された「平棗」、お茶勺は大徳寺・大慈院で戴いた「一期一会」と御銘のついたもの。

a0047577_2336444.jpga0047577_2339271.jpg
喰篭は透かしの入った青磁。毎年宇治の桜まつりには陶器市が出ます。炭山の窯元がたくさんお店を出し、そこで見つけたものでかなりお気に入りです。主菓子は昨夜大奮闘して?作った栗餅、なかなか好評でした。エッ、社交辞令ですって?!もちろん承知しています、でも、形が多少不揃いなのも素人ならではのお愛嬌ですよ(笑)
a0047577_2185783.jpg

夫を入れて総勢6名さまに2服づつ合計12碗の薄茶をお点てしたので、お点前さんとしては大満足です。本日の「お詰」は柳桜園の「嘉祥の昔」。表千家・久田宗也宗匠お好みの濃茶です。お濃をお薄に使うのはもったいないようですが、香りもよく味に深みが出てまろやかです。一度この味を知ったらもう止められません(笑) こうしてささやかな贅沢を楽しんでいます。
最近カナダへ行くときには必ず小さな籠に入ったお抹茶セット(入子になっている小ぶりな茶碗・棗・茶勺・茶巾)とお干菓子を持って行きます。カナディアンロッキーを眺めながら戴く一服はまさに格別!
[PR]
by canadianlife | 2005-10-23 23:10 | 茶道 | Comments(0)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
グルメ
クッキング
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ
no title

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧