カナディアンロッキーで暮らす茶道とカルトナージュ愛好家の日々


by canadianlife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

Taeko さま お..
by canadianlife at 11:05
Jさま おはようご..
by Taeko Yanagida at 00:03
妙子さま 昨日コメント..
by canadianlife at 08:03
J-さま おはよう..
by Taeko Yanagida at 21:40
妙子さま 昨日はバンフ..
by canadianlife at 10:21

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

カテゴリ:日本の旅( 13 )

Back to Japan

a0047577_2305591.jpg
京都・大徳寺・三玄院境内。
毎月28日は、千利休の月命日であり、塔頭で懸け釜があります。

2年ぶりの帰国、古巣の京都に落ち着きました。
早々に茶友の誘いで、三玄院、興臨院そして、千家の菩提寺「珠光院」のお茶席へ出かけました。

そして、お勉強ついでにと、表千家北山会館の特別展で、お仕上げ。
a0047577_2361182.jpg


これから暫く、日本滞在記、といたします。
[PR]
by canadianlife | 2014-10-28 23:12 | 日本の旅 | Comments(0)

日本の秋

11月11日からひと月余り、日本(京都)でした。
a0047577_8514782.jpg
a0047577_8585890.jpg
a0047577_964335.jpg
a0047577_973758.jpg
a0047577_98522.jpg
京都・哲学の道に沿う疏水べりの紅葉。

不覚にも風邪をひいて…体調不良が続き、思ったように動けませんでしたが
山口、倉敷(牛窓も!)では旧友ととても良い時間を過ごすことができました。

日本での日々、少しアップしました。
柳井(山口県)と牛窓(岡山県)へ
倉敷
@マカオ
「茶道」三昧 in 京都

日本滞在中、入院加療中の実母が逝去。
兄と見舞ったその3日後でした。
葬儀に参列、兄姉と3人一緒に、斎場の炉のスイッチをon・・・。

昨年春、車いすでしたが一緒に有馬温泉に出かけるくらい元気だった母は
昨秋ごろから下肢のしびれと嚥下障害が急に進み
今秋10月には全く自力で食物を飲み込むことが出来なくなり・・・
胃瘻を拒み、たった2ヶ月足らずで、潔く逝きました。

今回は寂しい旅となりましたが、次の世を担う孫たちがすくすくと育ち、その子らと共に過ごせる時間がまだ自分に与えられていることが、とてもありがたく、幸せに感じます。
[PR]
by canadianlife | 2012-12-18 10:12 | 日本の旅 | Comments(4)

倉敷

a0047577_12153170.jpg
倉敷と言えば、白壁の蔵々と大原美術館。
a0047577_1224413.jpg
美観地区の街並みは見事に当時のまま残されています。
a0047577_12163590.jpg
a0047577_12173994.jpg
a0047577_1217162.jpg
a0047577_12222079.jpg
a0047577_12225966.jpg
大原孫三郎の私財と児島虎次郎の収集によって、大原美術館ができました。

中学生の頃から高校を卒業するまで、よ~く通ったものです。
お気に入りはエルグレコの受胎告知、と印象派。
当時は入館者が10人に満たない日もあったとか。
お陰で、ゆっくりと鑑賞出来ましたが…
山陽新幹線開通後、来館者が激増、喜ぶべきなのでしょうね^^;

a0047577_12232481.jpg
今夜は兄に誘われ、ギャラリーコンサート(チェロ)へ。
運よく、現オーナーである大原謙一郎氏とお姉さま、大原麗子氏のお隣の席で聴くことができました。
[PR]
by canadianlife | 2012-11-24 23:14 | 日本の旅 | Comments(0)

柳井(山口県)と牛窓(岡山)

山口にいる茶友の「喜寿の茶事」に招かれました。
a0047577_1542932.jpg
『日出て海天清し』 上の句は『雲消えて山岳露れ』。
晴れの日にふさわしい、即中斎の一行です。
a0047577_15362191.jpg
お家元から賜った喜寿祝いの香合。
a0047577_1532494.jpg
a0047577_1554536.jpg
この日のために収集したお好みのお茶道具で、お心のこもったおもてなしに、一同大感激。
a0047577_1530376.jpg

お正客としてお招きを受けましたので、静粛な茶事の模様は、カメラには納めず
しっかりと脳裏に刻みながら、ご連客の皆さま方と「一期一会」の素敵なひと時を過ごしました。

a0047577_1583245.jpg
炭点前でお使いになった羽箒。
「青鸞」(せいらん)と言う鳥の羽で、極上のお道具組に使われるというもの…。
こんなに美しい羽箒、今まで一度も観たことがありませんでした。

懐石もすべてお手作り。
楽しいひと時はあっと言う間に過ぎて行きました。
私も喜寿まで元気で茶道を楽しめるでしょうか…

次の日、いつも泊めて戴く茶友も、彼女の茶道の先生をランチとお茶にお招きしていたので、亭主のお勉強をさせていただきました。
まずは、海の見えるダイニングルームで、ランチ。
a0047577_1402569.jpg

ランチの後はモダンなお茶室へ。
a0047577_052860.jpg
a0047577_1544298.jpg
地元のお菓子匠作「山里」と濃茶を一服差し上げました。

続いて牛窓を訪れました。
[PR]
by canadianlife | 2012-11-18 23:17 | 日本の旅 | Comments(0)

10th Anniversary

a0047577_8114343.jpg
ロゼのシャンパンで乾杯したのは、昨年めでたく結婚10周年を迎えた友人カップル!
a0047577_8141542.jpg
お二人を結びつけたのは、実は夫と私^^
と言うわけで?(笑)東京へ滞在中、久しぶりにお二人のお住まいにお邪魔させていただきました。


ご夫婦揃って、食道楽+クッキングが得意!というお二人なので…
和食に飢えている私のために、素敵なおもてなしが待っていました。
a0047577_819876.jpg
木の芽和え。ベランダで育てている山椒の新芽を摘んで、作っています!
a0047577_8234817.jpg
若竹煮。
筍は先週タケノコ狩りに行き、ご自分達で掘って来たものですって!
a0047577_8253063.jpg
肉巻きゴボウ。新ゴボウは柔らかくて香りもよし。
a0047577_8271477.jpg
小アジのマリネ。
a0047577_8281466.jpg
自家製温泉卵を添えたおそうめん。
a0047577_8284544.jpg
泉州名物、水ナスの浅漬け!
a0047577_8292751.jpg
何もかも、手をかけて作ってくださっただけあって、ホントに美味~い!
あっという間にシャンパンが無くなり…次はデキャンタした赤ワイン。
a0047577_832735.jpg
ご主人のチョイスしたチーズは、どれもほどよく熟成したものばかり。
珍しい枝付きの干しブドウも添えられ、ワインがどんどん進みます…

お陰で、風邪で元気のなかった体が、すっかり調子を取り戻しました!(笑)
[PR]
by canadianlife | 2012-05-05 23:09 | 日本の旅 | Comments(2)

柳井の茶友を訪ねる

a0047577_103585.jpg
柳井市在住の茶友U夫妻を訪ねました。京都の茶友Sさんもご一緒です。
夕方到着、ご主人の帰りを待って、「Suprise!」なおもてなしが始まりました。
a0047577_106415.jpg
ご主人さまが亭主役、奥さまが半東としてお料理を運んでくださる、お茶事形式のディナーでした。

レッドワイン、お料理にとても良く合って…何もかも、美味しく戴きました。
お食事後は「濃茶と続き薄」、夜の更けるのも忘れて、楽しみました。

翌朝、快晴。
a0047577_10275786.jpg
明るいダイニングで、朝食を戴いた後、4人分の「お弁当」を作り、30分ほど離れたところにお住まいのUさんの茶友O先生をお訪ねしました。
a0047577_1254190.jpg
ちょうどお稽古日で、午前中のお稽古が終わったところでしたので、ひと点前
「濃茶」のお稽古をさせていただきました。
a0047577_1271343.jpg

お昼は、お茶室でUさん手作りの「お弁当」を戴きました。
a0047577_129845.jpg

盛り付けは私…なかなか難しいものですェ。
a0047577_1292457.jpg


午後から、Sさんもお点前して下さいました^^
a0047577_1210936.jpg


2泊3日の柳井の旅、「茶道」を通じてできた絆を、さらに深めて帰京しました。
[PR]
by canadianlife | 2011-11-18 23:01 | 日本の旅 | Comments(0)

柵原(やなはら)の古民家

有馬から1時間半、4月に母と一緒に訪ねた、久米郡美咲町柵原にある従姉の家を再訪しました。
a0047577_123155.jpg
前回はあいにく留守で会うことができなかった叔母にも、10年ぶりに会えました!
a0047577_1239516.jpg
リビングから「中の間」を見たところ。
とても150年以上経っているとは思えないくらい、パーフェクトな改築です。
a0047577_12404677.jpg
「奥の間」の廊下から玄関(右奥)に向かっての画像。

叔母と従姉は「嵯峨御流」という華道の師範、広い屋敷内には、あちらこちらに素敵にお花が生けてありました。
a0047577_12423040.jpg
「奥の間」、平成の改築で、ほとんど手は加えていないそうですが、元々の土台がしっかりしている証拠ですね。
a0047577_12435927.jpg
お庭を見ると…
a0047577_12473923.jpg
ご当家の御神木と言う、立派な楠。
この樹は、何代もの家族に手厚く育てられ、またこの家の繁栄を見守ってきたことでしょう。
a0047577_1252519.jpg
リビングで従姉がもてなしてくれた「お茶」。
子供たちも巣立ち、叔母と従姉夫婦たった3人家族には広すぎるこの家ですが、いつでも帰って来られるようにと言う思いで、150年経ったとは思えないほど現代的に蘇っています。
[PR]
by canadianlife | 2011-11-16 22:27 | 日本の旅 | Comments(0)

秋の有馬温泉へ

有馬六彩・Vialaのロビーからの眺め
a0047577_1514378.jpg
4月には母と訪れた有馬。
今回は、カナダから帰国中の友人ご夫妻と「新神戸駅」で待ち合わせ、出掛けてみました。

レンタカー(プリウス)で30分で到着!
昨秋オープンしたハーベストクラブの「有馬六彩」Vialaに泊まりました。
お風呂を出て、ちょっとした休憩スペースが…
a0047577_15291766.jpg
エクシブに比べると、規模は半分くらいなので、人も少なく、温泉もゆったりと過ごせて、落ち着く感じです^^

夕食は「澪里(みおり)」にて。
3人とも、「樂懐石」コースを選び、純米吟醸酒と共に。
a0047577_1617197.jpg


朝は全員バッフェ。
a0047577_1635912.jpg
和洋食、たっぷり…食べました^^

朝のうちに津山にある従姉の住む古民家へご案内し、JR津山駅でお別れ。
ご夫妻は天橋立へ「かに三昧」に、私は広島で茶友と待ち合わせ、山口県柳井へ。
[PR]
by canadianlife | 2011-11-15 19:13 | 日本の旅 | Comments(0)

築150年の古民家拝見

中国自動車道、津山インターから県道26号を吉井川に沿って20分ほど南下、久米郡美咲町柵原(やなはら)というところに、母の実妹とご家族が暮らす古民家があります。

築150年の住居、御門からお玄関を撮りました。
a0047577_1259589.jpg
母の希望で、叔母の家に電話を入れてみると、当の叔母は箕面にいる二女のところへ遊びに行っているとの事…。

長女のYoshikoさんが、お天気もいいし、母にも会いたいので、ぜひぜひお寄りください!とおっしゃってくださったので、お言葉に甘えて、お訪ねすることにしました。
a0047577_13172256.jpg
玄関の左手、住居の南側に沿って庭園が続いています。
a0047577_13184122.jpg
昨年の夏、平成の大改築を終えた古民家は、いまやモダンな住空間を持つ、使いやすい2世帯住宅へと大変身していました。

とはいえ、私がここを訪れるのは今回が初めて…。
生後6ケ月で実父母の元を離れ、実父の姉夫婦の養女となり、生家から車で2時間近く離れた町で、ひとりっ子として育った私は、実兄姉のことも、長い間、従兄や従姉と信じて育ちましたゆえ、叔母(実母のこと)の妹の家を訪ねるチャンスなどもなく、大人になるまで、この家で育った2人の従姉妹の存在すら知らずにいたのですから…。
a0047577_13304718.jpg
お玄関の迎え畳と、奥に続く横一畳の長い廊下の始まりに活けられた季節の生花。

叔母も、近年、ご夫妻で家督を継いで大阪から故郷に帰って来られた長女の
Yoshikoさんも、生け花の師範との事。どうりで、家中のあちこちに、見事な生け花があり、ここは老舗の旅館?と思わせるほど。
a0047577_13351322.jpg
日本画は、Yoshikoさんのお義母さま作の「芙蓉」。
a0047577_1339137.jpg

お花はほとんどお庭か、裏山に咲く木の枝ものとは、何ともうらやましい環境。
a0047577_13413044.jpg
a0047577_1342247.jpg
ここはご家族が揃ってTVやビデオを観るお部屋。
a0047577_1344453.jpg
中ノ間にデンとある、大きな囲炉裏付きの座卓。3年前に亡くなった叔父が生前愛用していたという鉄瓶達がまだまだ健在。
a0047577_13471572.jpg
奥ノ間と仏間の間の「欄間」は元のまま。
a0047577_1445686.jpg
仏間の床には叔母の見事な「書」…。
a0047577_13492249.jpg
広々したお家を拝見してびっくりしている私に、1歳半の長男を連れてお里帰りされているYoshikoさんのご長女が、ダイニングでお茶のご用意をしてくださいました。
a0047577_13512229.jpg
お庭と、勢いよく泳ぐ鯉のぼりを眺めながら、母と一服、薄茶を戴き、ほっこり…
a0047577_14393372.jpg


お茶を戴いた後、Yoshikoさんが、よかったらちょっと見てほしいものがあるの…と言って案内してくださったのは…
a0047577_1425479.jpg
以前はふすまの奥に隠れていた階段。
a0047577_1435234.jpg
そこを上がると…
a0047577_144337.jpg
F家ミュージアムが!!
蔵にあったものなど、並べてみたそうですが、サプライズコーナーですよね!
a0047577_1453838.jpg
かやぶき屋根の裏を見せているのも、なかなか興味深い…。
a0047577_1463043.jpg
元お台所の吹きぬ部分からの画像。今はリビングとして、開放的な空間に変わっています。
a0047577_148382.jpg
上がってきた階段を見下ろすと、蔵にあったと言う大瓶が、途中の空間に居心地良く座っていました。
a0047577_1495549.jpg


いやはや、こんな風に大改築して住みやすくなった古民家を拝見したのは、初めてです。
改築の設計と施工は住友林業、改築に当たり参考にしたのは瀧下嘉弘の著書だそうです。

同じく150年の古民家を受け継いだ私…こんな風に実家を大変身させることが出来たら、亡くなった養父はどんなに喜ぶことでしょう…。

立派に受け継がれているF家と、年に一度の庭の草刈りを業者任せで行うことと、帰国の度にお墓参りに帰るのがやっとで、今は荒れ放題になってしまっている私の家…自ら選んだカナダ移住ですが、この大きなギャップに、心が痛みました…。

柵原から1時間ほどで、新見に到着。
無事母を実家へ送り届け、後一晩一緒に過ごして、京都へ戻りました。

次に会えるのは、秋かな…
どうぞ、お元気でいてくださいね、お母さん。
また柵原へ、おばさんに会いに行きましょう^^
[PR]
by canadianlife | 2011-04-15 12:55 | 日本の旅 | Comments(4)

有馬温泉へ

昨年2月、実家の母と行った「カニと温泉」が、とっても楽しかったので…
今回は、有馬温泉へ誘ってみました。
a0047577_18281858.jpg
出掛けたのは、3月18日にオープンしたばかりの「エクシブ有馬離宮」。なかなか予約が取れないそうですが、奇跡的に1泊だけ、とれました!

昨年より、さらに歩行が困難になっている母のために、今回はレンタカーを使って岡山ー有馬を往復することにしました。2日間借りた「プリウス」は車内が静かで、おまけにハイブリッドだから燃費も良い!なかなか優れものの車でした。

「エクシブ有馬」は、お料理も前評判が高かったので、期待して…母のリクエストもあり「和食」にしました。予約は5時か8時なので…食事の後ゆっくり温泉に入ってすぐ休めば…と、早目の5時に予約。
a0047577_18584868.jpg
選んだのは「摩耶」というシェフお勧めコース。ボリュームより、厳選した食材を使い、手間暇かけた料理…という触れ込み。

8品のうち、初めは「先附」
a0047577_1933924.jpg

母の勧めで、私は冷酒を戴くことに…。
a0047577_1942479.jpg
碗物は
a0047577_195544.jpg

お造り2種その①
a0047577_1964687.jpg
お造りその②
a0047577_1981049.jpg

お凌ぎ
a0047577_1985361.jpg
おこわご飯の上に柔らかい牛のあぶり…母もぺロリ^^
a0047577_1993963.jpg
焼肴
a0047577_19111422.jpg
煮物ですが、茶わん蒸しのようなもの…。
a0047577_19132861.jpg
5時半から始めた食事、7時を過ぎてすっかり暮れてきました。レストランはどの席からも外の景色を観なが食事が出来るように設計してありました。
a0047577_19163382.jpg
最後は、干し貝柱とかぶらの雑炊。母は嚥下障害も出ているので、こういった
トロミのある食事が、好物のようでした。
a0047577_1918528.jpg
最後はデザート。
ゆっくりしたペースで戴いたので、量的にはそれほど多くなかったのに、すっかり満腹!後はお風呂に入って寝るだけです。

母は大変満足してくれたようですが…京都の祇園でも、同じ値段で、もっともっと美味しいものが食べられる…というのが私の正直な感想です。

a0047577_1853539.jpg
お部屋はこんな感じ。
a0047577_19354579.jpg
なにしろ、予約時に最後の一部屋と言われ、チョイスはなかったのですが…。

母はベッドの方が使いやすいと喜んでくれましたが、トイレが車椅子で入るにはギリギリの大きさだったことと、お風呂にあまり手すりがなく、足元のおぼつかない母はお風呂の中での移動が怖かったようで、最新の設備とうたっているエクシブの館内設備(設計と施工は鹿島建設)に対して、かなり不満が残ります。

その点では、昨年利用した「エクシブ琵琶湖」は、大浴場の中にも車いすが用意されており、洗い場から湯船までの移動が大変楽にできたので、有馬も、高齢者に優しい施設でなければ…と思いました。

やはり久しぶりの遠出で疲れたのでしょう、母はベッドに入るとすぐ寝入ったようです。

翌朝、疲れていないか心配していた母は、私より先にお目覚め!
さっそく、朝ご飯を食べに行く元気もあり、ほっとしました^^
今回は、デジカメではなく、一眼レフ・NIKON・D300で撮ってみました。
a0047577_19274321.jpg
昨夜、和食だったので、朝はアメリカンブレックファースト。おめざは紫蘇とオレンジ、2種のジュース。
a0047577_19294544.jpg
マンゴソースのヨーグルト。
a0047577_19331365.jpg
地元、神戸市西区で採れた野菜ですって!
a0047577_1934850.jpg
後は、オムレツとウインナーで、終わり。焼き立てのクロワッサン、撮り忘れました(笑)

帰路はゆっくりお昼前に有馬を出て、どこかで車窓から桜見物でもしてもらって帰ろうと、母に尋ねたら、何と津山の柵原に住む母の実妹・稔子叔母さんのところへ寄って帰りたいと言うので、希望通り立ち寄らせていただくことにしました。
[PR]
by canadianlife | 2011-04-14 23:23 | 日本の旅 | Comments(2)

リンク集

旅コラム集
NY編
ヨーロッパ編

トリップアドバイザーお勧めブログとして認定されましたブリティッシュコロンビアの旅行情報

お気に入りブログ&HP
Atelier Neige
Eiko Ceramics
わが家はいつでもレストラン
プリザーブドフラワーNY
ROSEBERRY DIARY
写真家NobuさんのHP
マカオ新聞

カテゴリ

全体
カナダ・ライフ
ロッキー・ライフ
カルトナージュ
茶道
New York
旅(北米・Asia)
日本の旅
ハイキング
ウインタースポーツ
グルメ
クッキング
和菓子
ロッキーのレストラン
Gel Nail
わんこ
ゴルフ
Camera
Wine
JAPAN Life
Artist
クリスマス
Music
Movie
オフィスライフ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧